外反母趾・内反小趾の矯正効果を高めるおすすめのサポーター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事は 7で読めます。

口コミで人気の広がっている外反母趾用のサポーターを使っているのにあまり改善しない、と困っている方が数多くいるようです。それはサポーター選びとサポーターの使い方に不十分な点があることが問題なのです。
どのようなサポーターがベストであるのか、そしてサポーターをどのように使ったらよいかを理論的にわかりやすく説明します。

1.外反母趾の発生メカニズムを知ることの重要性

サポーターを選ぼうと思っても、どういう基準で選んだらよいのかが分からなければ、良いサポーターを選ぶことができません。
外反母趾をきちんと改善してくれるサポーターを選ぶには、まずどうやったら外反母趾が改善するかを知らければいけないのです。さらにどうやったら外反母趾が改善するかを知るためには、外反母趾がどのようなメカニズムで発生するのかを理解することが大切です。
闇雲にサポーターを探していても、良いサポーターにたどりつくのは至難の業(わざ)でしょう。またたま出会ったとしても、それが良いサポーターであることに気がつかないことでしょう。

 

2.外反母趾の発生メカニズム

外反母趾の根本原因は遺伝です。親から外反母趾になりやすい構造の足を遺伝されているのです。
では外反母趾になりやすい構造の足とはどういうものかというと、足全体が大きく内側に倒れやすい構造のものです。
そういう構造の足はいくつかの種類(タイプ)があるのですが、ここでは前半分の内側が上がった状態の足を例に挙げて説明したいと思います。

前足部内反

足の前半分の内側が少しだけ上がっている足(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p8)

 

足のねじれの見方

こうやって足の構造(ねじれ・ゆがみ)を見ます。

こういうタイプの足が地面に着くときには、足裏全体を地面に接触させるために、カカトを大きく内側に倒さなければいけません。この異常な動きを過回内かかいない(オーバープロネーション)といいます。

過回内

足の変形が過回内(オーバープロネーション)を起こす。(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p9)

するとスネにある前脛骨筋ぜんけいこつきんという名前の筋肉が働かされ過ぎて、第1中足骨ちゅうそっこつが大きく3つの方向(④~⑥)に動かされます。

過回内と骨の異常な動き

過回内カカトが倒れるとその動きは足先の方に伝わる。

このとき親指は地面にしっかりと接触しているので、第1中足骨が⑥の方向に大きく動くと、親指の付け根の関節がだんだん亜脱臼を起こすのです。

外反母趾発生時の骨の動き1

外反母趾発生時の骨の動き1

こういう状態が進むと筋肉の働きも変わって外反母趾が進行していきます。

 

3.行うべき2つのこと

外反母趾発生のメカニズムから分かるように、行うことは2つあります。
ひとつは親指を広げることで、もうひとつは足全体が内側に倒れ過ぎるのを止めることです。
親指を広げることだけを行っても、足全体が内側に倒れ過ぎるのを止めないとあまり意味がありません。
お風呂に水を入れすぎたときに、タライで余分な水をくみ出そうとしても、蛇口を閉めないと努力が無意味になってしまいます。
サポーターの選択基準を述べる前に、足全体が内側に倒れ過ぎること(過回内かかいない)を止める方法を述べます。

 

4.過回内を止める方法

足全体が内側に倒れ過ぎるのは足に捻れやゆがみがあるからです。

前足部内反と前足部外反

足のねじれの例
足の前半分の内側が上がっている足(左)と外側が上がっている足(右)
(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p8, 11)

これはどちらかの親から遺伝されたもので、この足の構造そのものを変えることは何をしても不可能です。もちろん筋肉を鍛えても無駄です。

ではどうするかというと医療用の中敷き、つまり足底板そくていばんを使うのです。足底板を使って足の構造の異常を補正して、正常な足の動きに近づけるのです。

足底板の挿入

完成した足底板をクツに装着する。

その足底板は体重をかけない状態で作るのがベストです。

足底板の作製

体重をかけずに作る足底板

これを使いながら親指を広げるためにサポーターを使用するのです。
また足底板と同時に構造的に優れたクツを選ぶことも重要です。
クツの選び方は「外反母趾の人生をバラ色にするシューズ選びの3つのポイント」を参考にしてください。、

 

5.お勧めサポーター

足の親指を広げるのにはサポーターの他にもテーピング等がありますが、ここではサポーターについて述べましょう。

クツを履いているときもサポーターを着用するわけですから、分厚いサポーターはクツの中で足が圧迫されるので使えません。なるべく薄いもので、かつ親指を広げる力がある程度なくてはいけません。

市販されているサポーターの中でお勧めなのは笠原式で有名な足裏天国カサハラの「外反母趾・内反小趾シルクサポーター」です。薄い割にはしっかりと親指を広げてくれます。内反小趾の方も使えます。

外反母趾サポーター

外反母趾・内反小趾シルクサポーター

この上にソックスを履いて、足底板を入れたウォーキングシューズを履けば最高です。また夏場は米国の足病医が開発した特殊なサンダルとともに使うことができます。

外反母趾サポーターとサンダル

外反母趾サポーターとサンダルとの併用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

治療家も真っ青!超短期間で痛みを1/10にする方法

この記事は 2で読めます。

足や膝や腰のトラブルに関しては

さまざまな施術方法が存在します。

 

しかし欧米で研究が進んでいる「足病学」の理論に基づいた施術方法は

まだ一般的には知られていません。

 

私たちの身体の構造は多くは遺伝によって

両親から引き継いでいます。

足の構造も両親のどちらかから引き継いでいるのです。

 

足に異常な構造があると、それは足の異常な動きを生みだし、

さらにスネ、膝、フトモモ、骨盤、背骨に異常な動きを発生します。

 

その異常な動きは

シンスプリント、変形性膝関節症、変形性股関節症、坐骨神経痛、

腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎すべり症、腰痛、

頸の痛み、猫背、ストレートネックなど

さまざまなトラブルを引き起こすのです。

 

これらの疾患から来た痛みを改善するのには

まずは足の異常な構造を足底板(そくていばん)によって補正し、

足の正しい動きを作ってやらなければなりません。

 

そして身体の動きを正常に近づけた上で、

痛みを出している部分(ほとんどは筋肉です)の施術を行います。

 

欧米では足底板はごく一般的に使用されていますが、

日本ではあまり一般には知られていません。

 

あなたも足病学に基づく施術を受け、

一日も早く、身体のトラブルを改善させてください。


一日も早く身体の痛みを解消したい方はこちらへ

コメントを残す

*

CAPTCHA