趾節間外反母趾とはどういう状態で、その予防法と治療法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事は 3で読めます。

外反母趾というと親指の付け根で親指が外側にねじれながら曲がっている状態ですが、この普通の外反母趾とはまた違った外反母趾があります。
この特殊な外反母趾は親指にある2つの骨で形成される関節において、親指自体の形が外側に曲がったものです。
この普通の外反母趾とは異なった外反母趾は「趾節間外反母趾」と呼ばれています。

1.趾節間外反母趾とは

ふつうの外反母趾が親指の付け根の関節(第1中足趾節関節ちゅうそくしせつかんせつ)で外側に曲がっているのに対して、趾節間外反母趾しせつかんがいはんぼしとは親指の中にある関節(趾節間関節しせつかんかんせつ)で親指自体の形が外側に曲がっている状態です。

親指にある2つの骨の軸、すなわち基節骨きせつこつの軸と末節骨まっせつこつの軸でできる角度を趾節間外反母趾角しせつかんがいはんぼしかくといいます。この角度は通常は0度よりも大きく4度よりも小さいのですが、これが4度を超えると趾節間外反母趾しせつかんがいはんぼしと呼ばれるようになります。

骨の関節の名称

足の親指に関する骨と関節の名称

趾節間外反母趾角

趾節間外反母趾角

ふつうの外反母趾と違って遺伝的な傾向は少なく、どちらかというと発育の過程で親指に生じた変形です。

若い人に多く、足が大きくなったために小さくなってしまった靴を履き続けていることによって起こることが考えられます。

ふつうの外反母趾とともに存在することもありますが、一般的にはそれ単独で存在します。

親指には基節骨きせつこつ末節骨まっせつこつの2つの骨があります。たいていの場合、問題は基節骨きせつこつのみにありますが、末節骨まっせつこつが変形していることがあり得ます。

趾節間外反母趾

趾節間外反母趾(左右)

 

2.趾節間外反母趾の予防と治療

2-1.治療

痛みがある場合は治療を行わなければいけません。

靴を変ることによって対応しますが、それでも痛みがある場合には外科的手術を行います。
ただし手術は成長期を過ぎてから行います。

外科治療はAkinの骨切り術です。これはくさび形の骨片を取り除いて、末節骨まっせつこつを親指の外側から移動させて真直ぐの状態にして固定します。同時に第1および第3中足骨ちゅうそっこつよりも比較的長い第2中足骨ちゅうそっこつも短くします。第2中足骨ちゅうそっこつが長いままですと、その足底面に痛みを生むからです。

2-2.予防

子どもの足の成長は一定していません。絶えず靴の大きさに注意をし、足よりも小さなクツを履かせないようにするべきです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

治療家も真っ青!超短期間で痛みを1/10にする方法

この記事は 2で読めます。

足や膝や腰のトラブルに関しては

さまざまな施術方法が存在します。

 

しかし欧米で研究が進んでいる「足病学」の理論に基づいた施術方法は

まだ一般的には知られていません。

 

私たちの身体の構造は多くは遺伝によって

両親から引き継いでいます。

足の構造も両親のどちらかから引き継いでいるのです。

 

足に異常な構造があると、それは足の異常な動きを生みだし、

さらにスネ、膝、フトモモ、骨盤、背骨に異常な動きを発生します。

 

その異常な動きは

シンスプリント、変形性膝関節症、変形性股関節症、坐骨神経痛、

腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎すべり症、腰痛、

頸の痛み、猫背、ストレートネックなど

さまざまなトラブルを引き起こすのです。

 

これらの疾患から来た痛みを改善するのには

まずは足の異常な構造を足底板(そくていばん)によって補正し、

足の正しい動きを作ってやらなければなりません。

 

そして身体の動きを正常に近づけた上で、

痛みを出している部分(ほとんどは筋肉です)の施術を行います。

 

欧米では足底板はごく一般的に使用されていますが、

日本ではあまり一般には知られていません。

 

あなたも足病学に基づく施術を受け、

一日も早く、身体のトラブルを改善させてください。


一日も早く身体の痛みを解消したい方はこちらへ

コメントを残す

*

CAPTCHA