つま先立ち運動とそのパワーアップ版で外反母趾を改善させる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事は 7で読めます。

外反母趾を改善するエクセサイズはいくつかありますが、ここではTBS系列で放映されていた「はなまるマーケット」という番組で、2006年に海保知里アナウンサーが自ら行って外反母趾を完治させた「つま先立ち運動」の解説と、さらにそれをパワーアップさせる方法を説明したいと思います。また海保アナウンサーは2013年にお書きになったブログの中で、外反母趾の再発を公表しています。いったいなぜ再発したのか、そして再発を防ぐにはどうしたらいいのかも併せて書き記しました。

1.つま先立ち運動の方法

海保知里アナウンサーが実践して、テレビの番組内で外反母趾の完治を報告した「つま先立ち運動」の方法を説明します。

  1. 壁に向かって真直ぐに立ちます。そのとき両膝をそろえます。左右の足先は多少外を向いているはずですが、左右のカカトの内側は合わせます。
  2. 壁に軽く手を当てた状態で、ゆっくりと左右のカカトを挙げてつま先立ちの状態になります。そしてそのまま5秒間キープします。そしてゆっくりとカカトを下します。これを1セットとして、1回に10セット行います。
  3. 朝夕1回ずつ、毎日行います。
つま先運動

つま先立ち運動

 

2.つま先立ち運動の目的

このエクセサイズは筋肉を鍛えるのが目的ではありませんので、フクラハギの筋肉に意識を向ける必要はありません。

これは親指を外側(つまり小指側)に引っ張る筋肉や、親指の付け根の関節の外側にある靭帯じんたいをストレッチしているのです。

 

3.外反母趾が再発した訳

海保アナウンサーは2013年4月13日のブログで「ちょっと歩いただけで 外反母趾のところが痛みだし」と書いていらっしゃいます。つまり外反母趾が再発したのだと思われます。

しかしこれは何も不思議なことではありません。ストレッチやエクセサイズで外反母趾を完治あるいは改善させても、再び元の形に戻るのは当然なのです。

なぜでしょうか?

それは外反母趾の原因が遺伝だからです。遺伝によって両親のどちらかから外反母趾になりやすい足を受け継いでいるのです。

では外反母趾になりやすい足とはどういうものをいうのでしょうか。

欧米、とくにアメリカやニュージーランドやイギリスなどでは足病学そくびょうがくという学問が確立されています。この足病学では足をその形からいくつかのタイプに分類して、それが足部や膝や腰にどういう影響を与え、どういう病気を引き起こすかを説明しています。

たとえば代表的な足のタイプに、足の前半分の内側が上がったものがあります。

前足部内反

足の前半分の内側が少しだけ上がっている足(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p8)

この足の形は次のように、ベッドでうつ伏せになってもらって足を観察すると良く分かります。

足のねじれの見方

こうやって足の変形(ねじれ・ゆがみ)を見ます。

足の前半分の内側が上がった足は、地面に着くときに足全体が大きく内側に倒れます。これを過回内かかいないまたはオーバープロネーションと言います。

過回内

足の変形が過回内(オーバープロネーション)を起こす。(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p9)

すると親指の付け根にある骨(第1中足骨ちゅうそっこつ)は3つの方向に大きく動かされます。

過回内と骨の異常な動き

カカトが倒れるとその動きは足先の方に伝わる。

この写真の③の方向(ブルー)の動きが大きいので、足は外反母趾の状態に進んでいくのです。

たとえエクセサイズで外反母趾が完治あるいは改善されたとしても、生まれ持った足の捻じれやゆがみ、つまり足病学で分類されている足の形のタイプは変わりません。

足の捻じれやゆがみが変わらないということは、外反母趾に進むような異常な足の骨の動きが継続するということです。ですから再発したのです。

 

4.外反母趾の再発や悪化を防ぐ

せっかくつま先立ち運動で改善した外反母趾が、再び悪化するのを防ぐには、足の捻じれやゆがみの影響が出ないようにしなければいけません。

そのために重要なことは、構造的・機能的に優れた靴の中に、機能的に優れた足底板そくていばんを入れることです。

足底板の挿入

完成した足底板をクツに装着する。

靴やパンプスの選び方に関しては下記のリンク先で細かく解説しています。
外反母趾の人生をバラ色にするシューズ選びの3つのポイント
ハイヒールのパンプスが女性に及ぼす6つの悪影響とその対策

また足底板に関しては
外反母趾の痛みを劇的に改善するクツの中敷き(インソール)」をお読みください。

 

5.つま先立ち運動のパワーアップバージョン

それではつま先運動のパワーアップバージョンを解説します。1から3に進むに従って、効果が大きくなります。

5-1.パワーアップバージョン1

特殊な5本指ソックスを履いて、つま先運動を行います。このソックスに関しては
テーピングに代わる特殊なソックスの使用が外反母趾を改善!」をご覧になってください。

特殊ソックス

特殊な織り方をしたソックス

5-2.パワーアップバージョン2

特殊なテーピングを行って、つま先運動を行います。このテーピングに関しては
もし外反母趾のテーピングを続けるのならばこの方法がベスト」または
痛みのある外反母趾に効果的なテーピングを行う超簡単な方法」をご覧になってください。

完成したテーピング

特殊なテーピング

5-3.パワーアップバージョン3

足底板を入れたウォーキングシューズを履いて、つま先運動を行います。
この足底板に関しては「外反母趾の痛みを劇的に改善するクツの中敷き(インソール)」をご覧になってください。

足底板

足底板(オーダーメイド)

注)もしこの記事にあるエクセサイズを行っている途中で、痛みやその他の異常な状態が出た場合には、エクセサイズを止めて医師や専門家に相談してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA