親指の付け根の足裏側にできる胼胝はハイアーチの足に多い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
親指の付け根の足裏側にできたタコ

この記事は 7で読めます。

足の親指の付け根、つまり母趾球部にタコができている人をたまに見かけます。これは第1中足骨の頭部(先端部)の足底側に地面から垂直な力が加わるためにできたものです。ハイアーチの足に見られる傾向がありますが、このタイプの足は地面からの衝撃によって、膝関節や股関節にトラブルを起こすことがあるので注意が必要です。

1.親指の付け根の足裏側にできるタコとは

母趾球部にできるタコで、ここに地面から垂直な力が加わるためにできたものです。ハイアーチの足に多く、同時に小趾球部にもタコができている場合もあります。

ここにタコができる足は地面からの衝撃を吸収する能力が低いため、膝関節や股関節や腰部にダメージを及ぼしやすい傾向があります。

親指の付け根の足裏側にできたタコ

親指の付け根の足裏側にできたタコ

図中の⑤と⑥は同じようなメカニズムで起こるので、一緒に記載しておきました。⑥は小指の付け根の足底面にできるタコです。

 

2.親指の付け根の足裏側にできるタコの対策

2-1.靴の選択

靴は構造的にしっかりしたものを選ぶとともに、クッション性に優れたものが良いです。靴の選び方は「外反母趾の人生をバラ色にするシューズ選びの3つのポイント」で書きましたが、そこに書かれた条件に「クッション性」という条件を追加する必要があります。

構造的に優れた靴

構造的に優れた靴

2-2.足底板とインソール

靴の中に入れる中敷きにクッション性の大きいものを入れるのも一つの手段ですが、足底板やインソールで足の動きをコントロールしながら、クッション性は靴にまかせるのも一つです。

足底板

足底板(オーダーメイド)

2-3.特殊なサンダル

自宅の中で使うのには、米国の足病医が開発したサンダルが良いです。自宅で裸足で歩いたり、スリッパを履くのはあまり良くはありません。

特殊なサンダル

特殊なサンダル

 

3.親指の付け根の足裏側にできるタコの機序

機序(メカニズム)は難しいので、理解しなくても大丈夫です。興味のある方だけお読みください。
母趾球部にタコを作る足には特徴があります。3種類ありますのでひとつずつ説明しましょう。

3-1.足の前半分の外側が少しだけ上がっている足

前足部外反

足の前半分の外側が少しだけ上がっている足(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p3)

 

足のねじれの見方

こうやって足の変形(ねじれ・ゆがみ)を見ます。

この構造を持つ足はカカトが地面に着いた後に、親指の付け根が地面に着き、その後に足全体が外側に倒れて小指の付け根が地面に着きます。

ハイアーチ

(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p12)

このとき横足根関節おうそっこんかんせつがまったく動かない場合に、親指の付け根と小指の付け根にはっきりしたタコができます。これは地面からの衝撃を受けるためです。

横足根関節

横足根関節の位置 (SUPERfeet Training Program Tech 2. 株式会社インパクトトレーディング, 2004, p12、一部改変)

横足根関節おうそっこんかんせつの動きが大きい足ほど、小指の付け根のタコが薄くなって最終的になくなり、親指の付け根のタコは薄く広がるようになります。またこの関節の動きが大きくなればなるほど、ハイアーチではなく正常なアーチになります。

 

3-2.母趾球部が他の指よりも下がっている足

第1列底屈

母趾球部が他の指よりも下がっている足(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p14)

この構造を持つ足も「3-1」と同様に、カカトが地面に着いた後に、親指の付け根が地面に着き、その後に足全体が外側に倒れて小指の付け根が地面に着きます。

ハイアーチ

左はうつ伏せで観察したときの足の状態で、右は立ったときにこの足がどのような状態になるかを示したもの(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p14)

このとき横足根関節おうそっこんかんせつがまったく動かない場合には「3-1」と同様に、親指の付け根と小指の付け根にはっきりしたタコができます。これは地面からの衝撃を受けるためです。

横足根関節おうそっこんかんせつの動きが大きい足ほど、小指の付け根のタコが薄くなって最終的になくなり、親指の付け根のタコは薄く広がるようになるのは「3-1」と同じです。またこの関節の動きが大きくなればなるほど、ハイアーチではなく正常なアーチになります。

 

3-3.後足部内反の足

後足部内反こうそくぶないはんとは足の後ろ半分が下腿部に対して内側に曲がっている場合、またはスネの骨(脛骨)が大きく曲がっている場合です。

後足部内反変形

後足部に変形がある場合(Pod Mech vol. 2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p2-3)

このタイプの足のうち、距骨下関節きょこつかかんせつに動きがない場合には横足根関節おうそっこんかんせつにおいて、足の前半分の内側を下げて地面につけます。さらに横足根関節おうそっこんかんせつにも動きがない場合には、第1中足骨ちゅうそっこつの先端を下げて親指側を地面につけようとします。

後足部内反

(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p14)

 

距骨下関節

距骨(黄色)と踵骨(緑色)の2つの骨で構成されている距骨下関節

その結果、親指の付け根と小指の付け根にタコができますが、小指の付け根のタコの方ができやすいです。

横足根関節おうそっこんかんせつ距骨下関節きょこつかかんせつの動きが大きくなればなるほど、親指の付け根のタコがなくなり、次に小指の付け根のタコが消え、第2指の付け根にタコができるようになります。またこれらの関節が動けば動くほど、ハイアーチではなく正常なアーチになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA