小趾球部に胼胝ができるのは、ハイアーチに多いが例外もある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
小指の付け根の足裏側にできたタコ

この記事は 9で読めます。

足の小指の付け根の裏側、つまり小趾球部にタコができている人はよく見かけます。これは第5中足骨の先端に相当する皮膚に地面からの垂直な力が継続的に加わったためにできるものです。比較的アーチの高い足に見られます。このタイプの足は地面からの衝撃を吸収する能力に劣るため、膝や股関節などにトラブルを起こす可能性があるので注意が必要です。

1.小指の付け根の足裏側にできるタコとは

小趾球部にできるタコで、ここに地面から垂直な力が加わるためにできたものです。ハイアーチの足に多く、同時に母趾球部にもタコができている場合もあります。

ここにタコができている足は地面からの衝撃を吸収する能力が低いために、膝関節や股関節、さらには腰部にダメージを及ぼしやすい傾向があります。

小指の付け根の足裏側にできたタコ

小指の付け根の足裏側にできたタコ

図中の⑤と⑥は同じようなメカニズムで起こる(例外もある)ので、一緒に記載しておきました。⑤は親指の付け根の足底面にできるタコです。

 

2.小指の付け根の足裏側にできるタコの対策

2-1.靴の選択

靴は「親指の付け根の足底面にできるタコ」の場合と同様に、まずは構造的にしっかりしたものを選ぶことが重要です。それとともに、クッション性に優れたものを選択しましょう。靴の選び方に関しては「外反母趾の人生をバラ色にするシューズ選びの3つのポイント」で書きました。そこに書かれた条件に「クッション性」という条件を追加してください。

構造的に優れた靴

構造的に優れた靴

2-2.足底板とインソール

クッション性は靴の機能にまかせて、靴の中に入れる中敷き、つまり足底板やインソールには足の動きをコントロールする機能を持たせましょう。足底板はオーダーメイド品で、インソールは既製品です。既製品だと足の動きをコントロールする力が弱いですので、できれば足底板を使った方が良いでしょう。

足底板

足底板(オーダーメイド)

2-3.特殊なサンダル

自宅の中では、米国の足病医が開発したサンダルを履くのが良いです。

特殊なサンダル

特殊なサンダル

 

3.小指の付け根の足裏側にできるタコの機序

これからこのタコができる機序(メカニズム)を述べますが、少々難しいので、ここは特に読まなくても結構です。興味のある方だけお読みください。
小趾球部にタコを作るタイプの足には特徴があります。そして4種類のタイプの足があります。ひとつずつ説明しましょう。

3-1.足の前半分の外側が少しだけ上がっている足

前足部外反

足の前半分の外側が少しだけ上がっている足(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p3)

 

足のねじれの見方

こうやって足の変形(ねじれ・ゆがみ)を見ます。

この構造を持つ足が歩行中に地面に着くときに、まずはカカトが着き、続いて親指の付け根が着き、その後に足全体が外側に倒れて小指の付け根が着きます。

ハイアーチ

(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p12)

このとき横足根関節おうそっこんかんせつがまったく動かない場合に、輪郭のはっきりしたタコが親指の付け根と小指の付け根にできます。これは地面からの衝撃を吸収できないからです。

横足根関節

横足根関節の位置 (SUPERfeet Training Program Tech 2. 株式会社インパクトトレーディング, 2004, p12、一部改変)

横足根関節おうそっこんかんせつの動きが大きくなればなるほど、小指の付け根のタコが薄くなって最終的になくなり、親指の付け根のタコは薄く広がるようになります。またこの関節の動きが大きくなればなるほど、アーチは高くなくなり、正常なアーチになります。

 

3-2.母趾球部が他の指よりも下がっている足

第1列底屈

母趾球部が他の指よりも下がっている足(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p14)

この構造を持つ足も「3-1」と同様に、歩行中に地面に着くときに、まずはカカトが着き、続いて親指の付け根が着き、その後に足全体が外側に倒れて小指の付け根が着きます。

ハイアーチ

左はうつ伏せで観察したときの足の状態で、右は立ったときにこの足がどのような状態になるかを示したもの(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p14)

このとき横足根関節おうそっこんかんせつがまったく動かない場合には「3-1」と同様に、親指の付け根と小指の付け根にはっきりしたタコができます。これは地面からの衝撃を吸収できないからです。

横足根関節おうそっこんかんせつの動きが大きい足ほど、小指の付け根のタコが薄くなって最終的になくなり、親指の付け根のタコは薄く広がるようになるのは「3-1」と同じです。またこの関節の動きが大きくなればなるほど、アーチは高くなくなり正常なアーチになります。

 

3-3.後足部内反の足

後足部内反こうそくぶないはんとは足の後ろ半分が下腿部に対して内側に曲がっている足、またはスネの骨(脛骨)が大きく曲がっている場合の足を指します。

後足部内反変形

後足部に変形がある場合(Pod Mech vol. 2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p2-3)

このタイプの足のうち、距骨下関節きょこつかかんせつに動きがない場合には横足根関節おうそっこんかんせつにおいて、足の前半分の内側を下げて地面につけます。さらに横足根関節おうそっこんかんせつにも動きがない場合には、第1中足骨ちゅうそっこつの先端を下げて親指側を地面につけようとします(下図左)。足はハイアーチになります。

後足部内反

(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p14)

 

距骨下関節

距骨(黄色)と踵骨(緑色)の2つの骨で構成されている距骨下関節

その結果、親指の付け根と小指の付け根にタコができますが、小指の付け根のタコの方ができやすいです。

横足根関節おうそっこんかんせつ距骨下関節きょこつかかんせつの動きが大きくなればなるほど、親指の付け根のタコがなくなり、次に小指の付け根のタコが消え、第2指の付け根にタコができるようになります。またこれらの関節が動けば動くほど、アーチは高くなくなり正常なアーチになります。

 

3-4.足の前半分の内側が少しだけ上がっている足

前足部内反

足の前半分の内側が少しだけ上がっている足(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p8)

このタイプの足で距骨下関節きょこつかかんせつの可動域が十分にない場合は、横足根関節おうそっこんかんせつを内側に倒して親指を地面に着けます。また横足根関節おうそっこんかんせつを動かしてもまだ親指が地面に着かないときには、第1中足骨ちゅうそっこつを下げて親指を地面に着けます。足のアーチは正常です。

前足部内反

(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p10

距骨下関節きょこつかかんせつの動きが大きくなるほど、小指の付け根のタコはなくなり、その代わりに第2~4指の付け根にタコができるようになります。そして正常なアーチの足から扁平足になっていきます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

治療家も真っ青!超短期間で痛みを1/10にする方法

この記事は 2で読めます。

足や膝や腰のトラブルに関しては

さまざまな施術方法が存在します。

 

しかし欧米で研究が進んでいる「足病学」の理論に基づいた施術方法は

まだ一般的には知られていません。

 

私たちの身体の構造は多くは遺伝によって

両親から引き継いでいます。

足の構造も両親のどちらかから引き継いでいるのです。

 

足に異常な構造があると、それは足の異常な動きを生みだし、

さらにスネ、膝、フトモモ、骨盤、背骨に異常な動きを発生します。

 

その異常な動きは

シンスプリント、変形性膝関節症、変形性股関節症、坐骨神経痛、

腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎すべり症、腰痛、

頸の痛み、猫背、ストレートネックなど

さまざまなトラブルを引き起こすのです。

 

これらの疾患から来た痛みを改善するのには

まずは足の異常な構造を足底板(そくていばん)によって補正し、

足の正しい動きを作ってやらなければなりません。

 

そして身体の動きを正常に近づけた上で、

痛みを出している部分(ほとんどは筋肉です)の施術を行います。

 

欧米では足底板はごく一般的に使用されていますが、

日本ではあまり一般には知られていません。

 

あなたも足病学に基づく施術を受け、

一日も早く、身体のトラブルを改善させてください。


一日も早く身体の痛みを解消したい方はこちらへ

コメントを残す

*

CAPTCHA