親指の裏側のタコは親指の付け根の関節が反りにくいのが原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
親指の裏側にできるタコ

この記事は 7で読めます。

足の親指の裏に大きなタコができている人がいます。ここにタコができるのは親指の付け根の関節が反りにくいからです。体重をかけないときには反るが、体重をかけると反らないという人もここにタコができる傾向があります。なぜ親指の付け根の関節が反らなくなるのでしょうか。またこのタコができなくなるようにするにはどうしたらいいのでしょうか。

1.親指の裏側にできるタコとは

足の親指の足底面で、親指の付け根の関節に近い部分にタコができることがあります。これは親指の付け根の関節が反りにくくなり、親指にある趾節間関節しせつかんかんせつが代わりに反らされるようになった結果、この部分に過剰な圧力がかかってできたタコです。

また趾節間関節しせつかんかんせつの足底面側に過剰骨かじょうこつがまれにできることがあり、その骨からの圧力によってタコができる場合もあります。

親指の裏側にできるタコ

親指の裏側にできるタコ

前者は強剛母趾きょうごうぼしに起こりやすく、中には親指そのものが反り返って、浮き指の状態になっていることもあります。強剛母趾きょうごうぼしに関しては「親指が反らなくなり、蹴るときに痛みが出る強剛母趾の治し方」をご覧になってください。

母趾の浮き指

親指の先端が反り、浮き指の状態になっている。

 

2.親指の裏側にできるタコの対策

対策は強剛母趾きょうごうぼしの対策と同じです。

2-1.靴の選択

次の3つの条件を満たすものが良いでしょう。

  1. カカトの周り(ヒールカウンター)がしっかりしている。
  2. 靴自体を捻ってもあまり型崩れしない。
  3. 指の反る部分が硬くて、つま先が上がっているもの。

パンプスもほぼ同じ条件のものを選んでください。そのときヒールの高さは3~5センチのものを選ぶのがよいです。

上記の1と2の条件は足全体が内側に倒れ過ぎるのを防ぎます。また親指が反ると痛みが出るので、親指の反る部分が硬くなければいけません。この部分が硬いと親指が反るのを防いでくれます。ただし、この部分が真直ぐであると歩きづらいので、つま先が少し上がったものを選びます。

ウォーキングシューズ

ニューバランスのウォーキングシューズ

2-2.足底板とインソール

靴を選んだら、その中に足底板そくていばんやインソールを入れます。足底板はオーダーメイド商品で、インソールは既製品です。これらは足が内側に倒れ過ぎるのを防ぎます。

足底板の挿入

足底板をクツに装着する。

 

インソール

パンプス用インソール

2-3.特殊なサンダル

家の中で足底板やインソールを入れた靴を履くのも悪くはないですが、家の中で靴を履くことに抵抗のある方は、米国の足病医が開発した特殊なサンダルを履いておきましょう。

サンダル

足病医の開発したサンダル

3.親指の裏側にできるタコの機序

3-1.過回内(かかいない)

足に捻じれやゆがみがあると、足が異常な動きをします。ここでは足の前半分の内側が上がったものを例に挙げて説明します。

前足部内反

足の前半分の内側が少しだけ上がっている足(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p8)

このような足の捻じれは下記のようにして足を見ると分かります。

足のねじれの見方

こうやって足の変形(ねじれ・ゆがみ)を見ます。

このような構造の足で、足首にある距骨下関節きょこつかかんせつが十分に動く場合には、着地のときに足全体が大きく内側に倒れます。この異常な動きを過回内かかいない(オーバープロネーション)といいます。

過回内

足の変形が過回内(オーバープロネーション)を起こす。(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p9)

 

距骨下関節

距骨(黄色)と踵骨(緑色)の2つの骨で構成されている距骨下関節

 

3-2.第1中足骨の異常な動き

足全体が大きく内側に倒れると、親指の付け根にある骨(第1中足骨ちゅうそっこつ)が④~⑥の3つの方向に動かされます。⑥の動きが大きい場合には外反母趾になりますが、④の動きが大きい場合には強剛母趾きょうごうぼしになります。

過回内と骨の異常な動き

カカトが倒れるとその動きは足先の方に伝わる。

3-3.第1中足骨と基節骨の衝突

④の動きが大きい場合には第1中足骨ちゅうそっこつの先端と基節骨きせつこつの間で衝突が起こります。
これが繰り返されると、だんだんこの関節が変形し、動きにくくなります。

第1列の運動

第1列の運動
Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p19

変形まで行かなくても、この2つの骨が衝突すると、この関節で親指が反りにくくなります。
すると親指にある趾節間関節しせつかんかんせつにおいて、親指を反らす力が働きます。

親指の浮き指

親指の付け根の関節が反りにくくなり、変わって親指の関節が反るようになる。

ところがこの趾節間関節しせつかんかんせつは、反る方向にはあまり動きません。すると基節骨きせつこつに下向きの力がかかることになり、この骨の足底面の皮膚にタコができるのです。

親指の胼胝

親指にタコがある。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

治療家も真っ青!超短期間で痛みを1/10にする方法

この記事は 2で読めます。

足や膝や腰のトラブルに関しては

さまざまな施術方法が存在します。

 

しかし欧米で研究が進んでいる「足病学」の理論に基づいた施術方法は

まだ一般的には知られていません。

 

私たちの身体の構造は多くは遺伝によって

両親から引き継いでいます。

足の構造も両親のどちらかから引き継いでいるのです。

 

足に異常な構造があると、それは足の異常な動きを生みだし、

さらにスネ、膝、フトモモ、骨盤、背骨に異常な動きを発生します。

 

その異常な動きは

シンスプリント、変形性膝関節症、変形性股関節症、坐骨神経痛、

腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎すべり症、腰痛、

頸の痛み、猫背、ストレートネックなど

さまざまなトラブルを引き起こすのです。

 

これらの疾患から来た痛みを改善するのには

まずは足の異常な構造を足底板(そくていばん)によって補正し、

足の正しい動きを作ってやらなければなりません。

 

そして身体の動きを正常に近づけた上で、

痛みを出している部分(ほとんどは筋肉です)の施術を行います。

 

欧米では足底板はごく一般的に使用されていますが、

日本ではあまり一般には知られていません。

 

あなたも足病学に基づく施術を受け、

一日も早く、身体のトラブルを改善させてください。


一日も早く身体の痛みを解消したい方はこちらへ

コメントを残す

*

CAPTCHA