あなたの足の胼胝やウオノメはからだの異常を警告する赤信号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事は 3で読めます。

あなたの足の裏や足の指、そしてカカトの後ろにはタコがないでしょうか。もしあるとすれば足の構造に異常があるかもしれません。また時には履物(靴やパンプス)に問題があることもないとは言えません。もしタコが見つかったならばすぐにそれをなくする方法を考えなければいけません。タコができるということは、多くは足自体の構造に問題があり、その足の構造が足の異常な動きを生んでいるのです。そしてその異常な運動は足自体はもちろん、膝や腰などにもトラブルを発生する恐れがあります。

1.胼胝(タコ)と鶏眼(ウオノメ)とは

胼胝べんち(タコ)や鶏眼けいがん(ウオノメ)は繰り返される機械的な圧迫や摩擦で生じるところの、皮膚の角質層かくしつそうの異常です。

皮膚は外側から表皮ひょうひ真皮しんぴ皮下組織ひかそしきで構成されますが、表皮にある角質層が増加して固く肥厚した状態が胼胝べんちです。タコとも呼ばれます。

一方、鶏眼けいがんは別名をウオノメ(魚の目)と言い、表皮にある角質層が増加して固く肥厚するだけではなく、内側の皮下組織に向かっても肥厚していきます。胼胝べんちと違うのはしんがあって痛みを伴うことがある点です。

鶏眼ウオノメには硬いものと軟らかいものがあり、前者は足の指の上や足の裏の表面にでき、後者は足指と足指の間などの皮膚が薄くて汗をかきやすいところにできます。鶏眼ウオノメの原因はほとんどが足に合わない履物にあります。

胼胝タコ鶏眼ウオノメのどちらに対しても病院ではほとんど同じ処置が行われます。

2.胼胝のできる位置

胼胝タコのできやすい場所を下図に示しました。図中のO印をクリックすると、各胼胝タコ(または鶏眼ウオノメ)の解説に飛びます。

タコのできる位置(足裏)

タコのできる位置(足裏)

タコのできる位置(指背)

タコのできる位置(指背)

タコのできる位置(カカト)

タコのできる位置(カカト)

①:第2、第3、第4中足骨頭の足底面にできた胼胝タコ
②:親指の内側面にできた胼胝タコ
③:小指の付け根の外側面にできた胼胝タコ
④:第4指の外側面にできた鶏眼ウオノメ
⑤:親指の付け根の足底面にできた胼胝タコ
⑥:小指の付け根の足底面にできた胼胝タコ
⑦:母指の足底面にできた胼胝タコ
⑧:第5中足骨底の足底面にできた胼胝タコ
⑨:第2~4指の指端にできた胼胝タコ
⑩:カカトの足底面にできた胼胝タコ
⑪:第2~4指の指背にできた胼胝タコ
⑫:カカトの後外側にできた胼胝タコ(パンプ・バンプ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

治療家も真っ青!超短期間で痛みを1/10にする方法

この記事は 2で読めます。

足や膝や腰のトラブルに関しては

さまざまな施術方法が存在します。

 

しかし欧米で研究が進んでいる「足病学」の理論に基づいた施術方法は

まだ一般的には知られていません。

 

私たちの身体の構造は多くは遺伝によって

両親から引き継いでいます。

足の構造も両親のどちらかから引き継いでいるのです。

 

足に異常な構造があると、それは足の異常な動きを生みだし、

さらにスネ、膝、フトモモ、骨盤、背骨に異常な動きを発生します。

 

その異常な動きは

シンスプリント、変形性膝関節症、変形性股関節症、坐骨神経痛、

腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎すべり症、腰痛、

頸の痛み、猫背、ストレートネックなど

さまざまなトラブルを引き起こすのです。

 

これらの疾患から来た痛みを改善するのには

まずは足の異常な構造を足底板(そくていばん)によって補正し、

足の正しい動きを作ってやらなければなりません。

 

そして身体の動きを正常に近づけた上で、

痛みを出している部分(ほとんどは筋肉です)の施術を行います。

 

欧米では足底板はごく一般的に使用されていますが、

日本ではあまり一般には知られていません。

 

あなたも足病学に基づく施術を受け、

一日も早く、身体のトラブルを改善させてください。


一日も早く身体の痛みを解消したい方はこちらへ

コメントを残す

*

CAPTCHA