靴を履いて歩くとカカトの後ろが痛くなるハグルンド病の対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事は 10で読めます。

 

靴を履いて歩くと、カカトの骨が靴に当たって強い痛みが出る。ソックスを脱いでカカトを見てみるとカカトの後外側部が盛り上がって赤くなっている。
こういう症状でお悩みではないでしょうか。これはハグルンド病と言います。きついパンプスを履く女性に多いですが、また硬い靴を履いて走るスポーツ選手にもよく見られます。詳しく見ていきましょう。

1.ハグルンド病とは

ハグルンド病とはカカトの骨(踵骨しょうこつ)の後外側面が突出した状態で、ハグランド病、ハグルンド変形と呼ばれることもあります。

ハグルンド病

カカトのアキレス腱付着部の外側が盛り上がって腫れている。

踵骨しょうこつとアキレス腱の間には踵骨後部滑液包しょうこつこうぶかつえきほうと呼ばれる潤滑油の入った袋がありますが、ハグルンド病があるとほとんどの場合にこの袋が炎症を起こします(踵骨後部滑液包炎しょうこつこうぶかつえきほうえん)。しかし時には自覚症状がない場合もあります。

踵骨後部滑液包

踵骨後部滑液包

突出した部分が靴と擦れるのでアキレス腱の辺りの軟部組織なんぶそしきが刺激され、その部分の皮膚が赤くなり腫れます。また靴を履いた状態で足首を反らすと、その部分が靴のカカトの部分の内側から圧迫されて痛みが強くなる場合もあります。

ハグルンド病になる人はハグルンド病を起こしやすい足の構造を親から遺伝によって受け継いでいる可能性があります。

ハイアーチの足は踵骨しょうこつが後方に傾くので、踵骨しょうこつの上部とアキレス腱が擦れやすい状態にあります。この擦れやすい状態が続くと骨がだんだん突出し、踵骨後部滑液包しょうこつこうぶかつえきほうが刺激されて炎症を起こすようになるのです。踵骨後部滑液包炎しょうこつこうぶかつえきほうえんのため、この部位が赤くなり腫れます。

またアキレス腱が硬い場合には炎症を起こしている踵骨後部滑液包しょうこつこうぶかつえきほうが圧迫されやすいので、硬いアキレス腱がハグルンド病における痛みの原因のひとつになります。

靴のカカトの部分にはカカトを安定させるためにヒールカウンターという芯が入っています。これが硬すぎることもハグルンド病を誘発する因子のひとつになります。

2.ハグルンド病のメカニズム

足はその形によっていくつかのタイプに分けられます。その中でハグルンド病になりやすい形のものを挙げて、そのメカニズムを説明してみます。踵骨が外側に倒れている場合には、靴のカウンターに当たりやすいので、踵骨の後外側面にかかる負荷が大きくなります。

2-1.ハグルンド病のメカニズム(1)

難しいと思ったら「3.ハグルンド病対策」に行ってください。

まずは前足部(足の前半分)の外側が少し上がっているタイプの足を考えてみましょう。

前足部外反

足の前半分の外側が少しだけ上がっている足(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p11)

 

足のねじれの見方

こうやって足の変形(ねじれ・ゆがみ)を見ます。

このタイプの足はさらに横足根関節おうそっこんかんせつがよく動くタイプのものと、動きにくいタイプのものに分けられます。

横足根関節

横足根関節

横足根関節おうそっこんかんせつがよく動くタイプのものは、よく動く横足根関節おうそっこんかんせつを下図のように動かして足の裏全体を地面に着けます。このとき踵骨しょうこつはあまり動きません。

柔軟性前足部外反

カカトの骨は動かない。(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p11)

一方、横足根関節おうそっこんかんせつが動きにくいタイプのものは、下図のように踵骨しょうこつを外側に倒して足の裏全体を地面に着けます(タイプ1)。この足はハイアーチの状態になります。上記のものと比べてみればすぐに分かりますが、こちらの方がハグルンド病のリスクが大きくなるのです。

硬直性前足部外反

カカトの骨は外側に倒れ、足はハイアーチになる。(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p12)

 

2-2.ハグルンド病のメカニズム(2)

難しいと思ったら「3.ハグルンド病対策」に行ってください。

次に後足部こうそくぶ(足の後ろ半分)が脛骨けいこつ(スネの骨)に対して内側に少し曲がっているタイプの足、あるいはO脚の足(スネの骨が大きく曲がっている場合)を考えてみましょう。

後足部内反変形

後足部に変形がある場合
(Pod Mech vol. 2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p2-3)

このタイプの足はさらに距骨下関節きょこつかかんせつがよく動くタイプのものと、動きにくいタイプのものに分けられます。

距骨下関節

距骨(黄色)と踵骨(緑色)の2つの骨で構成されている距骨下関節

距骨下関節きょこつかかんせつがよく動くタイプのものは、よく動く距骨下関節きょこつかかんせつを下図のように動かして足の裏全体を地面に着けます(タイプ3)。足のアーチは少し低くなります。

後足部内反完全代償

カカトが外側に倒れた状態から起き上がる。(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p3)

一方、距骨下関節きょこつかかんせつが動きにくいタイプのものは、下図のように横足根関節おうそっこんかんせつを動かして足の裏全体を地面に着けます(タイプ2)。足はハイアーチの状態になります。

後足部内反無代償

カカトは外側に倒れたまま。(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p5)

この2つを比べると、後者の方が踵骨しょうこつが外側に倒れているのが分かります。こちらのタイプの足の方が踵骨しょうこつが靴のカウンターに当たりやすいです。そういう意味ではこのタイプはハグルンド病のリスクが大きいのですが、前者もリスクは大きいのです。それを次に説明します。

2-3.ハグルンド病のメカニズム(3)

難しいと思ったら「3.ハグルンド病対策」に行ってください。

後足部こうそくぶ(足の後ろ半分)が脛骨けいこつ(スネの骨)に対して内側に少し曲がっているタイプの足やO脚の足(スネの骨が大きく曲がっている場合)のうち、距骨下関節きょこつかかんせつがよく動くタイプのものは、よく動く距骨下関節きょこつかかんせつを動かして足の裏全体を地面に着けると説明しました(タイプ3)。もう一度図をご覧ください。

後足部内反完全代償

カカトが外側に倒れた状態から起き上がる。(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p3)

このタイプの足はカカトが地面に着いた瞬間に、踵骨しょうこつが外側に倒れた状態からまっすぐの状態に動くのです。この時に踵骨しょうこつの後外側面に大きな摩擦力がかかります。この力がハグルンド病を引き起こす大きな因子になります。

 

3.ハグルンド病対策

まずは靴を選ぶことです。パンプスやハイヒールはカカトの部分が硬いので避けた方がよいと思います。

足底板はタイプ3の足から来た症状は軽減できますが、タイプ1やタイプ2の足に対してはタイプ3の場合ほどの効果はないと思われます。しかし足底板を入れないよりは入れた方が歩きやすいです。

足底板

手術を除くと外反母趾には足底板を入れるのがベスト

アキレス腱が硬い場合はストレッチを行うとよいです。

カカトを少しヒールウェッジで持ち上げると、カカトが靴に当たりにくくなったり、アキレス腱が踵骨しょうこつ踵骨後部滑液包しょうこつこうぶかつえきほうを圧迫しづらくなりますので、症状が軽くなることがあります。

病院では消炎鎮痛剤を出してもらえます。また症状がひどい場合には手術をする場合もあります。

4.パンプ・バンプ

パンプバンプとはカカトの後外側面にできた皮膚の腫瘤しゅりゅうのことで、胼胝(タコ)ができたり滑液包炎かつえきほうえんが起こったりしています。

「パンプ(pump)」はパンプスのことで、「バンプ(bump)」というのはこぶのことです。きついパンプスを履く若い女性に多いのでこの名称があります。

ハグルンド病が骨の変形から来たものであるのに対して、パンプバンプは軟部組織からできています。実際にはパンプバンプとハグルンド病の両方が存在するケースもあるし、バンプパンプだけの場合もあります。バンプパンプ発生のメカニズムはハグルンド病のメカニズムとほぼ同じです。

海外のサイトでは「パンプ・バンプ=ハグルンド病」として説明しているところも多いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

治療家も真っ青!超短期間で痛みを1/10にする方法

この記事は 2で読めます。

足や膝や腰のトラブルに関しては

さまざまな施術方法が存在します。

 

しかし欧米で研究が進んでいる「足病学」の理論に基づいた施術方法は

まだ一般的には知られていません。

 

私たちの身体の構造は多くは遺伝によって

両親から引き継いでいます。

足の構造も両親のどちらかから引き継いでいるのです。

 

足に異常な構造があると、それは足の異常な動きを生みだし、

さらにスネ、膝、フトモモ、骨盤、背骨に異常な動きを発生します。

 

その異常な動きは

シンスプリント、変形性膝関節症、変形性股関節症、坐骨神経痛、

腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎すべり症、腰痛、

頸の痛み、猫背、ストレートネックなど

さまざまなトラブルを引き起こすのです。

 

これらの疾患から来た痛みを改善するのには

まずは足の異常な構造を足底板(そくていばん)によって補正し、

足の正しい動きを作ってやらなければなりません。

 

そして身体の動きを正常に近づけた上で、

痛みを出している部分(ほとんどは筋肉です)の施術を行います。

 

欧米では足底板はごく一般的に使用されていますが、

日本ではあまり一般には知られていません。

 

あなたも足病学に基づく施術を受け、

一日も早く、身体のトラブルを改善させてください。


一日も早く身体の痛みを解消したい方はこちらへ

コメントを残す

*

CAPTCHA