つらい巻き爪や痛い陥入爪はなぜ起こり、その治療法は何か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事は 10で読めます。

巻き爪と陥入爪は同じもののように扱われていますが、実際は違いものです。巻き爪は爪が丸まって変形している状態で、陥入爪は爪の角が皮膚や皮下組織に突き刺さって炎症を起こしている状態のことです。ここでは巻き爪と陥入爪の原因、治療法、予防法とともに、自分でできる陥入爪の応急処置について書いておきました。

1.巻き爪・陥入爪とは

巻き爪まきづめは爪の両側が曲がって皮膚を巻き込んだ状態で、彎曲爪わんきょくそうともいいます。おもに足の親指に生じます。通常痛みはありませんが、巻き込みが大きくなると痛みが出る場合もあります。

一方、陥入爪かんにゅうそうは巻き爪のように爪が曲がりませんが、爪が沈んで皮膚に喰い込み、爪の中の軟部組織に炎症を起こしている状態で、陥入創かんにゅうそうとも呼ばれます。歩くたびに体重がかかって爪が喰い込み痛みが生じます。さらに症状が進むと化膿してしまい、激痛で指先に体重をかけることができなくなります。

巻き爪と陥入爪かんにゅうそうの両者を併発する場合もあります。巻き爪ができると、バランス感覚が悪くなり、正常な爪を持つ人の2倍も3倍も転倒しやすくなることが分かっています。

 

2.巻き爪・陥入爪の原因

爪を深く切り過ぎたり(深爪ふかづめ)、指先に過剰な力が加わったりすることで起こります。

過剰な力が加わるのは日常的にハイヒールや先細のパンプスを履いたり、小さすぎる靴や逆に大きすぎる靴を履く場合です。

また硬い皮靴やサンダルを履く場合や、サッカーなどのスポーツをしている場合、さらには重いものを指先に落としてしまった場合などでも爪に過度の力が加わるため、巻き爪や陥入爪かんにゅうそうを起こすことがあります。

寝たきりの状態になって、指腹に圧力がかからなくなることが原因になることもあります。さらに爪白癬つめはくせん(爪が白癬菌はくせんきんに感染した状態)によって引き起こされる場合もあります。

外反母趾の根本原因である「距骨下関節きょこつかかんせつ過回内かかいない」という関節の異常な動きが原因になることもあります。過回内かかいないに関しては「足の痛みの張本人である距骨下関節の過回内をまず止めるべき」に詳しく書いています。

 

3.巻き爪・陥入爪のメカニズム

3-1.過回内が原因になる場合

距骨下関節きょこつかかんせつの異常な動きが原因になって、巻き爪や陥入爪かんにゅうそうが発生する過程をバイオメカニクス的に説明しましょう。

まずは外反母趾などの原因である過回内かかいないからです。足に捻じれやゆがみがあると足全体が異常な動きをします。たとえば足の前半分が少し上がっているものを例にあげましょう。

前足部内反

足の前半分の内側が少しだけ上がっている足(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p8)

このような足の構造は下の写真ように、うつ伏せになった状態で足首から先をベッドから出してもらうと良く分かります。

足のねじれの見方

こうやって足の変形(ねじれ・ゆがみ)を見ます。

前半分が少し上がっている足が地面に着くとき、その足裏全体を接地するためには足全体を大きく内側に倒さなければいけません。この動きを過回内かかいない(またはオーバープロネーション)と言います。

過回内

足の変形が過回内(オーバープロネーション)を起こす。(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p9)

すると親指の付け根にある第1中足骨は④~⑥の3つの方向に大きく動かされます。これは外反母趾の始まりとなる動きです。

過回内と骨の異常な動き

過回内カカトが倒れるとその動きは足先の方に伝わる。

④の方向に力が加わりますので、第1中足骨ちゅうそっこつが反ってしまい、体重は第1中足骨頭ちゅうそくこっとう(親指の付け根)にはかかりにくく、第2、第3中足骨頭ちゅうそくこっとう(第2、第3指の付け根)にかかりやすくなります。変形が進んで外反母趾が強くなると親指が捻じれ、親指そのものにも体重が乗りにくくなります。

足の親指の皮膚には圧力を感知する機械受容器(メカノレセプター)というものが集中しています。この受容器が足の裏にかかる圧力をキャッチして脳に伝え、脳はその情報に応じて筋肉に指令を出し、筋肉は反射的に運動します。このようにして姿勢が制御されている訳です。

爪にはもともと巻いていく性質がありますが、地面から指にかかる圧力によって平坦な形を維持しています。「過回内かかいない」によって親指に体重が乗りにくくなると、爪は元来の性質である「巻き込み」を始めます。そしてそれが皮膚に食い込むようになると、「親指に圧力がかかっている」と機械受容器が判断していまい、親指に体重をせることを脳が避けるのです。するとますます「巻き込み」が進みます。

 

3-2.爪の切り過ぎが原因になる場合

爪を切り過ぎて、深爪ふかづめの状態で歩行すると、踏み込むときにかかる圧力で爪の両端の肉がだんだん盛り上がってきます(陥入爪かんにゅうそう)。その結果、爪が食い込んだ肉に圧力をかけて、機械受容器を刺激しますので、脳は親指に体重を載せないように指令を出します。そして爪がさらに喰い込みます。

 

3-3.履物が原因になる場合

先細の靴・ハイヒール・硬い皮靴・サンダルなどは爪や親指の肉を圧迫しますし、逆に大きすぎる靴を履いても靴の中で足が前に滑ってしまうので、爪や親指の肉が圧迫されます。この結果、巻き爪や陥入爪ができてきます。この圧迫がさらに機械受容器を刺激し、親指への荷重が避けられて、巻き爪や陥入爪が悪化する方向に進むのです。

 

4.巻き爪・陥入爪の治療法

皮膚科医院に行けば手術や保存療法による治療を行ってもらえます。抜爪術ばっそうじゅつ、フェノール法、人工爪法、弾性ワイヤー法などいろいろありますので、医師に相談をし、適切なアドバイスを受けることが大事です。爪白癬がある場合には爪水虫の治療を受けることになります。

 

5.自分で陥入爪を改善する方法

ここでは自分で陥入爪を改善する方法を紹介したいと思います。

まず伸び縮みしないテープ(ホワイトテープなど)と救急絆創膏(バンドエイド、救急バンなど)を準備します。

陥入爪のテーピング0

ホワイトテープを救急絆創膏

ホワイトテープを幅1センチ、長さ8センチに切り、その一端を陥入爪の起こっている部分に隣接する皮膚に貼り付けます。そして皮膚を少し引っ張って下の写真のように貼り付けます。

陥入爪のテーピング1

1本目の貼り方

2本目のホワイトテープも同様の幅、長さに切ります。その一端を1本目と重ね、少し引っ張って下の写真のように貼り付けます。最初は1本目と重なっていますが、徐々にずらしてください。

陥入爪のテーピング2

2本目の貼り方

3本目のホワイトテープも同様の幅、長さに切ります。その一端を1、2本目と重ね、少し引っ張って下の写真のように貼り付けます。最初は1、2本目と重なっていますが、徐々にずらしてください。

陥入爪のテーピング3

3本目の貼り方

最後に救急絆創膏を陥入爪の部分に貼って完成です。状態がひどい場合は医師の治療を受けてください。

陥入爪のテーピング4

救急絆創膏を貼る。

 

6.巻き爪・陥入爪の予防法

6-1.靴選び

日常履く靴や、スポーツで履く靴の構造に気をつけることが重要です。サイズはシューフィッターの方のアドバイスを受けながら選ぶのがよいと思います。
靴の選び方に関しては「外反母趾の人生をバラ色にするシューズ選びの3つのポイント」をお読みください。

構造的に優れた靴

構造的に優れた靴

6-2.足底板・インソール

足に捻じれがあり過回内かかいないを起こしている場合には、靴の中に足底板やインソールを入れるとそれを防ぐことができます。足底板はオーダーメイド品で、インソールは既製品です。
足底板については「外反母趾の痛みを劇的に改善するクツの中敷き(インソール)」を参考にしてください。

足底板

足底板(オーダーメイド)

6-3.パンプス選びとインソール

できるだけ構造的にすぐれたウォーキングシューズを履くのがよいのですが、仕事や冠婚葬祭でパンプスを履かなければならない場合もあります。その場合にはヒールの高さは3~5センチにして下さい。そしてその中にパンプス用のインソールを入れておくと、過回内かかいないを防止することができます。
パンプス選びは「ハイヒールのパンプスが女性に及ぼす6つの悪影響とその対策」を参考にしてください。

インソール

パンプス用インソール

爪を切る時に深爪にならないように、慎重に切ることが大事です。

以上のことは、すでに巻き爪や陥入爪かんにゅうそうの処置を受けた人に対しては再発防止に役立ちます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

治療家も真っ青!超短期間で痛みを1/10にする方法

この記事は 2で読めます。

足や膝や腰のトラブルに関しては

さまざまな施術方法が存在します。

 

しかし欧米で研究が進んでいる「足病学」の理論に基づいた施術方法は

まだ一般的には知られていません。

 

私たちの身体の構造は多くは遺伝によって

両親から引き継いでいます。

足の構造も両親のどちらかから引き継いでいるのです。

 

足に異常な構造があると、それは足の異常な動きを生みだし、

さらにスネ、膝、フトモモ、骨盤、背骨に異常な動きを発生します。

 

その異常な動きは

シンスプリント、変形性膝関節症、変形性股関節症、坐骨神経痛、

腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎すべり症、腰痛、

頸の痛み、猫背、ストレートネックなど

さまざまなトラブルを引き起こすのです。

 

これらの疾患から来た痛みを改善するのには

まずは足の異常な構造を足底板(そくていばん)によって補正し、

足の正しい動きを作ってやらなければなりません。

 

そして身体の動きを正常に近づけた上で、

痛みを出している部分(ほとんどは筋肉です)の施術を行います。

 

欧米では足底板はごく一般的に使用されていますが、

日本ではあまり一般には知られていません。

 

あなたも足病学に基づく施術を受け、

一日も早く、身体のトラブルを改善させてください。


一日も早く身体の痛みを解消したい方はこちらへ

コメントを残す

*

CAPTCHA