中足骨疲労骨折は過度の使用または足の異常な動きで発生する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事は 6で読めます。

中足骨疲労骨折は使い過ぎ(オーバーユース)が原因で起こると言われてきましたが、それ以外にもバイオメカニクス的な観点から見ると、足の異常な動きからも発生します。ここではこれまでの考え方にバイオメカニクス的な考え方を加えて、中足骨疲労骨折を説明したいと思います。

1.中足骨疲労骨折とは

中足骨ちゅうそっこつに発生した疲労骨折のことです。第3中足骨ちゅうそっこつにもっとも発生し、第2、第4、第5中足骨ちゅうそっこつの順に多く発生します。第1中足骨ちゅうそっこつに発生するのはまれです。中足骨ちゅうそっこつ脛骨けいこつに次いで疲労骨折が多い場所です。

第1~5中足骨

第1~5中足骨

ほとんどは中足骨ちゅうそっこつの遠位1/3部に見られますが、バレリーナのようにつま先立ちを繰り返し行なう場合には、第2中足骨ちゅうそっこつ骨幹部の中枢よりに発生することもまれにあります。

近位1/3部と遠位1/3部

第2中足骨の近位1/3部と遠位1/3部。

長距離や短距離のランナー、体操選手、バレリーナなどに多く、また長時間の歩行を行った軍隊に発生するため、「行軍骨折こうぐんこっせつ」とも呼ばれます。

 

2.中足骨疲労骨折の症状

疲労骨折になっても痛みが急には出ない場合があります。この場合は同じ動作を続けてしまうことになりますが、そのうちに痛みがだんだん強くなり、さらに腫れや発赤も生じるようになります。また急激に痛みが発生する場合もあります。

早期にはレントゲン撮影ではこのヒビは写りにくいため、疲労骨折だとは分からないことが多いのですが、圧痛や運動時痛があって腫れや発赤が見られるときは、疲労骨折を疑うことが重要です。2~3週間経つとレントゲン写真に写るようになります。

痛みは足部の中央か前方に感じ、骨折部に圧痛を感じます。歩いたり、走ったり、ダンスをしたりするときのように体重をかけると痛みがひどくなります。

3.中足骨疲労骨折の発生メカニズム

3-1.使い過ぎ(オーバーユース)

ランニングやジャンプなどの反復的な動作が、足部アーチを形成する中足骨にかかることによって発生します。

3-2.過回内(オーバープロネーション)

私たちの足の形は遺伝によって、両親のどちらかの足の捻じれやゆがみを引き継いでいます。足の前半分の内側が上がっているタイプの足を持っている場合を考えてみましょう。

前足部内反

足の前半分の内側が少しだけ上がっている足(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p8)

 

足のねじれの見方

こうやって足の変形(ねじれ・ゆがみ)を見ます。

このタイプの足は足裏全体が地面に着くときに大きく内側に倒れます。この異常な動きを過回内(オーバープロネーション)と言います。

過回内

足の変形が過回内(オーバープロネーション)を起こす。(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p9)

このとき第1中足骨ちゅうそっこつは④~⑥の3つの方向に大きく動かされます。

過回内と骨の異常な動き

過回内(カカトが倒れるとその動きは足先の方に伝わる)

第1中足骨ちゅうそっこつにはその後部が下がり、前部が上がる力がかかります。第5中足骨ちゅうそっこつにも同様な鉛直方向の力が加わるため、横アーチが低下します。

すると第2、第3中足骨ちゅうそっこつにかかる負荷が大きくなり、疲労骨折を起こしやすくなります。

また過回内かかいないが起こると前足部ぜんそくぶには、外方向への水平面上の力が作用するため、中足骨ちゅうそっこつに捻じれが起こり、いっそう疲労骨折を起こしやすくなります(下図参照)。

足の前半分が外側に移動する。(SUPERfeet Training Program Tech 3. 株式会社インパクトトレーディング, 2004, p14)

 

3-3.過回外(オーバースピネーション)

次に足の前半分の外側が上がっているタイプの足を持っている場合を考えてみましょう。

前足部外反

足の前半分の外側が少しだけ上がっている足(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p3)

このタイプの足が地面に着くときに、足全体は外側に倒れます。これを過回外かかいがい(オーバースピネーション)といいます。

硬直性前足部外反

カカトの骨は外側に倒れ、足はハイアーチになる。

足が外側に倒れると、地面からの衝撃を吸収することができないため、中足骨ちゅうそっこつには大きな力が床から加わります。これによって中足骨ちゅうそっこつが疲労骨折を起こすリスクが高まります。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

治療家も真っ青!超短期間で痛みを1/10にする方法

この記事は 2で読めます。

足や膝や腰のトラブルに関しては

さまざまな施術方法が存在します。

 

しかし欧米で研究が進んでいる「足病学」の理論に基づいた施術方法は

まだ一般的には知られていません。

 

私たちの身体の構造は多くは遺伝によって

両親から引き継いでいます。

足の構造も両親のどちらかから引き継いでいるのです。

 

足に異常な構造があると、それは足の異常な動きを生みだし、

さらにスネ、膝、フトモモ、骨盤、背骨に異常な動きを発生します。

 

その異常な動きは

シンスプリント、変形性膝関節症、変形性股関節症、坐骨神経痛、

腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎すべり症、腰痛、

頸の痛み、猫背、ストレートネックなど

さまざまなトラブルを引き起こすのです。

 

これらの疾患から来た痛みを改善するのには

まずは足の異常な構造を足底板(そくていばん)によって補正し、

足の正しい動きを作ってやらなければなりません。

 

そして身体の動きを正常に近づけた上で、

痛みを出している部分(ほとんどは筋肉です)の施術を行います。

 

欧米では足底板はごく一般的に使用されていますが、

日本ではあまり一般には知られていません。

 

あなたも足病学に基づく施術を受け、

一日も早く、身体のトラブルを改善させてください。


一日も早く身体の痛みを解消したい方はこちらへ

コメントを残す

*

CAPTCHA