第1及び第2中足骨の間が足の甲側も裏側も痛いときの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事は 7で読めます。

足の親指の付け根と第2指の付け根の間が、足の甲側も足の裏側も痛み、しかも親指や第2指も痛みや腫れを感じるようであれば、第1中足骨と第2中足骨の間にある小さな筋肉が災いしている可能性が大きいです。ハンマートゥがあればほぼ確実にその筋肉に異常があります。この症状の原因と対処法について解説しました。

1.第1背側骨間筋の筋筋膜性疼痛症候群

5本の中足骨の間には背側骨間筋はいそくこっかんきんと呼ばれる4つの小さな筋肉があります。この4つの筋肉のうち、親指と第2指の間にあるのが第1背側骨間筋はいそくこっかんきんです。

背側骨間筋

4つの背側骨間筋及び第1背側骨間筋からの痛みの出る場所

この筋肉が使われ過ぎて筋筋膜性疼痛症候群きんきんまくせいとうつうしょうこうぐんを起こすと、次に挙げるような症状が出てきます。

  1. 親指と第2指の間の付け根の部分の甲側と裏側の両方に出る痛み
  2. 第2指の内側(親指側)の面の痛み
  3. 親指のチクチクした痛み
  4. ハンマートゥ(槌指つちゆび)を起こすこともある

この筋肉の正確な疼痛域はこのリンク先をご覧になってください。

 

2.この筋肉が筋筋膜性疼痛症候群を起こす原因

このような足の小さな筋肉は足に安定性をもたらす重要な働きを持っています。とくにカカトが地面を離れて蹴り出すときに、前足部を安定化させます。

したがって外反母趾の根本原因である過回内かかいないが起こると、通常以上にこれらの筋肉が働かされるため、この疾患にかかるリスクが大きくなります。過回内かかいないに関しては「足の痛みの張本人である距骨下関節の過回内をまず止めるべき」をお読みください。

またつま先の細い靴や底の硬い靴はこの筋肉の運動を妨げるため、この筋肉に負担をかけます。さらに砂地などの不安定な場所や凹凸の激しい場所などでの歩行や走行ではこの筋肉が過剰に使われて痛みを出すことがあります。

3.疼痛発生のメカニズム

過回内かかいない(オーバープロネーション)が起こる場合を考えてみましょう。足の前半分の内側が少し上がっているタイプを例に挙げます。このタイプの足を持つ人が、その足の裏全体を地面につけた時にカカトは内側に倒れます。

過回内

足の変形が過回内(オーバープロネーション)を起こす。(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p9)

この時、第1中足骨ちゅうそっこつ内側楔状骨ないそくけつじょうこつはいっしょになって3つの方向に動かされます。すなわち
④正常な場合以上に、前に対して後ろが押し下げられる。
⑤正常な場合以上に、その底面を内側に向けるように回転する。
⑥正常な場合以上に、第2中足骨ちゅうそっこつから離れるように内側に移動する。

過回内と骨の異常な動き

カカトが倒れるとその動きは足先の方に伝わる。

この時の状態を上から見ると下の写真のようになっています。つまりCの方向(上の写真では⑥の方向)に第1中足骨が動くので第1背側骨間筋はいそくこっかんきんには大きなストレスがかかります。

第1背側骨間筋

第1背側骨間筋にストレスがかかる

また蹴るときにはまず内側に倒れたカカトが逆に外側に向かって回り始めますが、正常の場合よりも内側に倒れ過ぎているため、外側には十分に戻りません。そして踵骨しょうこつ立方骨りっぽうこつがロックされない状態で蹴り出しが行われます。

踵立方関節のアンロック

踵立方関節のアンロック

踵骨しょうこつ立方骨りっぽうこつがロックされている(正常)と、「第1~2指の付け根を横に走る軸」に体重が移動しますが、ロックされない(異常)と、「第2~5指の付け根を横に走る軸」に体重が移動します。

蹴り出しの軸

蹴るときはどちらかの軸を使う。

 

蹴り出しの軸

正常な蹴り出しと異常な蹴り出し

「第2~5指の付け根を横に走る軸」に体重が移動すると、第2~5指を安定化させるために骨間筋こっかんきん全体に正常な場合よりも大きなストレスがかかります。これが続くとこの筋肉が筋筋膜性疼痛症候群きんきんまくせいとうつうしょうこうぐんを起こすことがあるのです。

4.第1背側骨間筋の筋筋膜性疼痛症候群対策

つま先の細い靴や底の硬い靴が原因の場合はそれらの欠点を持たない靴を選択することが大事です。
また過回内が原因である場合にもまずは優れた構造の靴を選ばなければなりません。

その時にシューフィッターの方にアドバイスをもらうのがベストです。
仕事でパンプスを履く必要がある方はヒールは3~5センチにしておいてください。

ウォーキングシューズの選び方は「外反母趾の人生をバラ色にするシューズ選びの3つのポイント」を
パンプスの選び方は「ハイヒールのパンプスが女性に及ぼす6つの悪影響とその対策」を
参考にしてください。

過回内かかいないに原因がある場合には、選んだ靴やパンプスの中に足底板そくていばんやインソールを入れて下さい。

足底板の挿入

足底板を靴に装着

 

インソール

パンプス用インソール

 

5.第1背側骨間筋に対する施術

この筋肉は第1中足骨ちゅうそっこつと第2中足骨の間にあるのでとても触りづらいのですが、下の写真のように親指の先でマッサージすることはできないことはありません。
押して痛い部分をしっかりとマッサージしてください。

背側骨間筋のマッサージ

第1及び第2中足骨間のマッサージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA