親指の基節骨の疲労骨折は外反母趾と関係していることが多い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事は 4で読めます。

未成年のスポーツ選手で、とくに怪我をしたわけでもないのに足の親指の付け根に痛みを感じるときには、母趾基節骨(きせつこつ)の疲労骨折の可能性が否定できませんので、医療機関でレントゲン写真を撮ってもらうのがいいです。

1.母趾基節骨疲労骨折とは

母趾(足の親指)にある2つの趾骨しこつのうち、足先とは反対にある趾骨しこつ、すなわち基節骨きせつこつに起こったヒビのことです。

骨の関節の名称

足の親指に関する骨と関節の名称

疲労骨折ひろうこっせつになっても耐えられないような痛みを伴うことはないため、痛みを我慢して同じ動作を続けてしまうことがあります。が、そのうちに痛みがだんだん慢性化し、さらに腫れや発赤ほっせきも生じるようになります。

早期にはレントゲン撮影ではこのヒビは写りにくいため、疲労骨折だとは分からないことが多いのですが、圧痛や運動時痛があって腫れや発赤が見られるときは、疲労骨折の可能性があります。母趾の基節骨きせつこつ以外の趾骨には疲労骨折は極めて稀です。

注)足の指には左右それぞれ14個の骨があり、これらをまとめて趾骨しこつといいます。「趾」とは「あしゆび」とも読み、足の指のことです。足の先から順番に末節骨まっせつこつ中節骨ちゅうせつこつ基節骨きせつこつという名前がついています。母趾だけは中節骨ちゅうせつこつがありませんから、「3×5-1=14」個あることになります。

 

2.外反母趾との関係

母趾(足の親指)の基節骨きせつこつの疲労骨折は外反母趾と関係していることが多いことが分かっています。

外反母趾の状態で地面を蹴ったり、窮屈なハイヒールで歩いたりすると、母趾の基節骨きせつこつの同じ部分に繰り返して外力がかかることになり、次第にヒビが生じるようになることがあります。このヒビが母趾の基節骨きせつこつの疲労骨折です。

 

3.スポーツとの関係

バレーボール選手、サッカー選手、長距離走者、短距離走者のように走ったり、ジャンプしたりするスポーツの選手の場合、とくに怪我がないのに親指の付け根が痛む場合は疲労骨折を疑うことが必要です。

歩調を変えながら、繰り返して親指の付け根の関節を反らす動作が疲労骨折を起こしやすくします。未成年の選手に多いのも特徴の一つです。

 

4.治療と予防

医療機関できちんとした処置を行ってもらうことが大事です。

またその疲労骨折が治癒した後にも、外反母趾及び(または)過回内かかいないに対する処置を行なうことがが肝要です。

足に捻じれやゆがみがあると、足の裏が地面に着くときに足自体が大きく内側に倒れます。これを過回内かかいない(オーバープロネーション)と言います。

過回内

足の変形が過回内(オーバープロネーション)を起こす。(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p9)

この異常な動きが外反母趾の原因なのですが、母趾の基節骨きせつこつの疲労骨折を起こした人または起こす恐れのある人(外反母趾がある人)は、この過回内かかいないを防ぐことを行っておくのがよいです。

具体的には普段履く靴の構造に気をつけ、またスポーツ用の靴もそれに準じた基準で選ぶということです。靴の選び方については「外反母趾の人生をバラ色にするシューズ選びの3つのポイント」をご覧になってください。

構造的に優れた靴

構造的に優れた靴

また普段履きやスポーツシューズの中に、足の捻じれやゆがみの影響を最小限にするために、足底板そくていばんやインソールを入れておくことが望まれます。足底板はオーダーメイドのもので、インソールは既製品です。

足底板

皮革を貼り付けた足底板。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

治療家も真っ青!超短期間で痛みを1/10にする方法

この記事は 2で読めます。

足や膝や腰のトラブルに関しては

さまざまな施術方法が存在します。

 

しかし欧米で研究が進んでいる「足病学」の理論に基づいた施術方法は

まだ一般的には知られていません。

 

私たちの身体の構造は多くは遺伝によって

両親から引き継いでいます。

足の構造も両親のどちらかから引き継いでいるのです。

 

足に異常な構造があると、それは足の異常な動きを生みだし、

さらにスネ、膝、フトモモ、骨盤、背骨に異常な動きを発生します。

 

その異常な動きは

シンスプリント、変形性膝関節症、変形性股関節症、坐骨神経痛、

腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎すべり症、腰痛、

頸の痛み、猫背、ストレートネックなど

さまざまなトラブルを引き起こすのです。

 

これらの疾患から来た痛みを改善するのには

まずは足の異常な構造を足底板(そくていばん)によって補正し、

足の正しい動きを作ってやらなければなりません。

 

そして身体の動きを正常に近づけた上で、

痛みを出している部分(ほとんどは筋肉です)の施術を行います。

 

欧米では足底板はごく一般的に使用されていますが、

日本ではあまり一般には知られていません。

 

あなたも足病学に基づく施術を受け、

一日も早く、身体のトラブルを改善させてください。


一日も早く身体の痛みを解消したい方はこちらへ

コメントを残す

*

CAPTCHA