走ったときに膝の外側に痛みの出るランナー膝の原因と治療法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事は 5で読めます。

近年、実業団に所属するランナー以外に、趣味で駅伝やマラソンを楽しむ、いわゆる市民ランナーが増えてきました。実業団に所属している場合は経験豊富なトレーナー等に指導してもらえるのですが、市民ランナーの場合はそのような環境にないため、身体のトラブルも少なくありません。そのトラブルの中でもランナー膝と呼ばれるものは比較的多いものの一つです。今回はそんなランナー膝の患者様の症例を挙げてみました。(メルマガ2016年8月20日号)

ランナー膝[症例9]

1.腸脛靱帯炎ではなかったランナー膝

25歳の社会人ランナーの男性の方がいらっしゃいました。
昨年(2015年)の神戸マラソンにも出場したということです。

最近、右太ももの外側から右ヒザの外側の部分が
走っている途中で痛くなるということです。
痛みは5キロ付近で出ます。

痛くなるという部分を私が実際に触ってみても、あまり痛みは出ません。
その代わりに、股関節の前面の外側の筋肉を押すと、
走っている時に出る痛みに似た痛みが出ます。

この筋肉は「大腿筋膜張筋だいたいきんまくちょうきん」という長い名前の筋肉です。
骨盤から始まって、腸脛靭帯ちょうけいじんたいに移り、ヒザの外側にくっついています。

この筋肉を酷使すると、この筋肉にトリガーポイントが形成され、
太ももの外側、さらにはヒザの外側に痛みが発生します(下記リンク先参照)。
トリガーポントとは「痛みを出す点」と考えておいてください。

大腿筋膜張筋だいたいきんまくちょうきんのトリガーポイント図

痛みの出る範囲は個人差があり、上記の図に書かれた場所よりも
もっと下の方まで痛みが出る人も多いです。
ランナー膝というと腸脛靱帯炎ちょうけいじんたいえんと思われがちですが、そうではない場合もあります。

 

2.大腿筋膜張筋だいたいきんまくちょうきんのトリガーポイント対策

対策は2つです。
1つはこの筋肉そのものに対するもので、
この筋肉をほぐした後に、ストレッチを行ないます。
痛い部分そのものをマッサージしてもあまり効果がありません。
原因であるこの筋肉自体をマッサージ&ストレッチしなければ意味がありません。

またこの筋肉を鍛えるのはNGです。
なぜならばこの筋肉は酷使されて疲労しているのです。
鍛えるとますます酷使することになります。

マッサージ以上に効果のあるのは、はり治療です。
トリガーポイントのできている部分にはりをすると
痛みが取れやすくなります。
そのあとでストレッチを行います。

この方の場合は3回ほどの鍼治療を行ないました。
また同時に、ご自宅ではマッサージとストレッチを実行していただきました。

 

3.過回内かかいないの防止

もう一つは足(足首から先)の動きに対する対策です。
足にねじれやゆがみがあると足の動きに異常が出ます。

前足部内反と前足部外反

足のねじれの例
足の前半分の内側が上がっている足(左)と外側が上がっている足(右)
(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p8, 11)

 

足のねじれの見方

こうやって足の変形(ねじれ・ゆがみ)を見ます。

特に足の前半分が上がっていると、足全体が大きく内側に倒れやすくなります。

過回内

足の変形が過回内(オーバープロネーション)を起こす。(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p9)

足が大きく内側に倒れることを
過回内かかいないまたはオーバープロネーションと言います。

この状態が続くと「大腿筋膜張筋だいたいきんまくちょうきん」に負担がかかりやすくなります。
そしてトリガーポイントが形成されるようになりますから、
この異常な動きを真っ先に防がなければなりません。

そのためにはよい構造の靴に矯正インソール(足底板そくていばん)を入れます。
この方の場合はミズノ製のしっかりとしたランイングシューズをお持ちでしたので、
その中に米国製の矯正インソールを入れました。

足底板の挿入

矯正インソール(足底板)をシューズに装着

足病医の薦める矯正インソールだけあって
足をコントロールする機能に非常に優れています。

この矯正インソールは体重をかけずに作らなければいけません。
体重をかけると足がつぶれてしまい、
正確な矯正インソールができなくなる場合が多いからです。

足底板の作製

体重をかけずに作る矯正インソール

この方は矯正インソールと当院での施術によって、痛みなく走ることができるようになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

治療家も真っ青!超短期間で痛みを1/10にする方法

この記事は 2で読めます。

足や膝や腰のトラブルに関しては

さまざまな施術方法が存在します。

 

しかし欧米で研究が進んでいる「足病学」の理論に基づいた施術方法は

まだ一般的には知られていません。

 

私たちの身体の構造は多くは遺伝によって

両親から引き継いでいます。

足の構造も両親のどちらかから引き継いでいるのです。

 

足に異常な構造があると、それは足の異常な動きを生みだし、

さらにスネ、膝、フトモモ、骨盤、背骨に異常な動きを発生します。

 

その異常な動きは

シンスプリント、変形性膝関節症、変形性股関節症、坐骨神経痛、

腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎すべり症、腰痛、

頸の痛み、猫背、ストレートネックなど

さまざまなトラブルを引き起こすのです。

 

これらの疾患から来た痛みを改善するのには

まずは足の異常な構造を足底板(そくていばん)によって補正し、

足の正しい動きを作ってやらなければなりません。

 

そして身体の動きを正常に近づけた上で、

痛みを出している部分(ほとんどは筋肉です)の施術を行います。

 

欧米では足底板はごく一般的に使用されていますが、

日本ではあまり一般には知られていません。

 

あなたも足病学に基づく施術を受け、

一日も早く、身体のトラブルを改善させてください。


一日も早く身体の痛みを解消したい方はこちらへ

コメントを残す

*

CAPTCHA