外反母趾の3日間改善法/外反母趾の人が絶対に読むべき本!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事は 6で読めます。

外反母趾の痛みは軽いものでしたら、準備の期間を入れて3日で取り除くことができます。そう言いますと、「そんなことは不可能だ。3日で親指が真直ぐになるわけがない」という声が聞こえてきそうです。
しかし、別に親指が真直ぐにならなくても痛みは取り除けます。実際に親指が大きく曲がっていても痛みのない人はたくさんいます。どうやったらいいのでしょうか。
そしてもう一つ、外反母趾の人が必ず読まなければいけない本を紹介します。この本を読めば外反母趾がいかに誤解されているかに気づかされます。そして正しい外反母趾の治し方を学ぶことができます。(メルマガ2016年10月1日号)

1.3日間で外反母趾の痛みを取り除く方法

外反母趾の痛みが取れず、困っている人はとても多いです。
クツを履いて出かけるときに痛い場合のように、
日常生活に支障をきたしている場合は特に深刻ですが、

ふだんは何ともないが、スポーツを行なうと痛いという場合も
その実力が十分に発揮されにくいので、大きな問題となります。

外反母趾の痛みを取り除くことに関して、
そのクツ選びはとても大事なポイントです。
しかしそれを行なう以前に重要なことがあります。

「外反母趾の痛みを取り除くには親指がまっすぐにならなければいけない」
「外反母趾の痛みを取り除くには時間がかかる」

この2つは間違いですので、いますぐに忘れて下さい。

親指が曲がっていても痛みを感じたことがないという人はたくさんいます。
時間がかからないどころか、その場で痛みがなくなる人もたくさんいます。

 

1-1.一日目はクツ選び

まず1日目にすることはクツを選ぶことです。
これができなければ他に何をやっても痛みをなくすことは不可能です。

クツはできればウォーキングシューズがよいのですが、
パンプスで仕事をしなければいけない人もいらっしゃいますので、
よいパンプスの選び方も説明しておきます。

ウォーキングシューズの選び方は
外反母趾の人生をバラ色にするシューズ選びの3つのポイント」を参考にしてください。
またパンプスの選び方に関しては
ハイヒールのパンプスが女性に及ぼす6つの悪影響とその対策」をお読みになってください。

ビジネスシューズを履いている方は上のリンクを参考にして下さい。
ショップに行って靴を選んだら、履いてみるだけではなくて、
履いた状態で店内を歩き回って、本当に足に合っているかをチェックして下さい。

ただし履いたまま代金を払わずに帰宅するのは困ります。
必ず代金を清算してから店を出て下さいね。

 

1-2.二日目は足底板作製

2日目は足底板(矯正インソール)を靴・パンプスの中に入れてもらいます。
これは専門家に作ってもらわなけれはいけません。
当院ならば検査も入れて30分ほどでお作りします。

足底板の挿入

完成した足底板をクツに装着する。

外反母趾のある人は足(足首から先)に「ねじれ」や「ゆがみ」があります。
特に、痛みのある外反母趾の場合には足が独特のねじれ方をしています。
これを足底板で補正し、歩行・走行時に足が異常な動きをしないようにします。

 

1-3.三日目は実際の歩行

3日目は足底板を入れた靴・パンプスを履いて歩いてみます。
たぶん今までの歩行とはまったく違った感覚の歩行になると思います。
たとえ痛みが残っている場合でも、ずいぶん軽くなっていることに気づくことでしょう。

もし痛みが少し残っていれば、プラスしてもう一つのことを実行すればよいです。
これは足底板をお作りするときに説明させていただくことにしましょう。

 

2.外反母趾の人が絶対に、絶対に読むべき本

外反母趾を始めとする様々な足のトラブルを解決するために、
皆さんは色々な本を購入したり、
色々なサイトを探したりしていることと思います。

しかし次の本を読まなければ、
問題を根本的に解決することは難しいでしょう。

その本とは
足についての本当の知識(水口慶高著)」
です。

足病学の本

「痛みや悩みを解決する!足についての本当の知識」

この中の「外反母趾はカカトの病気!」には
外反母趾の本当のメカニズムが書かれています。

外反母趾はカカトに原因があるのです。
カカトの動きがおかしいために、親指が曲がるのです。
そういうと「なんでカカトの動きが原因で、親指が曲がるんだ?」と思われるでしょう。

このカカトの異常な動きは過回内かかいないと呼ばれています。
回内かいないとはカカトの骨が内側に回ることを言いますが、

それに「過」という文字がついているということは
カカトの骨が内側に回り過ぎるということなのです。

過回内

足の変形が過回内(オーバープロネーション)を起こす。(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p9)

ではカカトの骨が内側に回り過ぎると、
なぜ足の親指が外側(小指側)に曲がって行くのか?
その本当のメカニズムを著者の水口先生が分かりやすく説明しています。

外反母趾の人だけではなく、ヒザや腰が悪い人、
さらに各種スポーツにおいてトラブルを抱えている人には必読の本です。

読んだだけで人生が変わったという人もいます。
ぜひアマゾンでご購入下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA