患者様が絶賛する新しい足底板は足病学に基づいたものです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事は 2で読めます。

足底板の作り方は色々ありますが、もっともよい作り方は体重をかけない状態で足の型を採る方法です。うつ伏せや仰向けの状態で足型を採る方法もありますが、当院では椅子に腰かけた方法で足型を採取する方法を導入しました。
これまでの足底板を使用していた患者様は口をそろえて、新しいシステムによる足底板の素晴らしさを褒めたたえています。(メルマガ2017年1月14日号)

患者様が絶賛する新しい足底板

当院では新しいタイプの足底板の作成を始めました。
今までの足底板と根本的に違うのは
作成するときに一切体重をかけないという点です。
⇒「外反母趾の痛みを劇的に改善するクツの中敷き(インソール)

リンク先を見ていただいて分かるように、
イスに腰かけた状態で作成するのです。

足全体にビニールの袋をかぶせて
空気を吸引することによって真空の状態にして、足底板を作ります。

これまでの足底板は体重をかけた状態で作成いたしました。
もちろんこれまでの足底板もすべてすばらしいものでした。

しかし今回の足底板はそれ以上に足のコントロールにすぐれています。
地面を蹴るときに足が内側にも外側にも
倒れ過ぎないようにきちんと作られるのです。

昨年の11月中旬よりこの足底板を使い始めているのですが、
これまでの足底板を使っていた方々が絶賛しているのです。
3-2.足底板作製の実際

近々動画も作製する予定ですので、
その時にもう少し詳しくお話しいようと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA