外反母趾を最短の時間で改善させるマル秘情報の公開(後半)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事は 4で読めます。

私たちの足の形はひとりひとり違います。その足の形をいくつかのグループに分けると、その中に外反母趾になりやすいグループがあります。親がそのグループに属する足であると、遺伝によって子供もそのグループの足になることが多いのです。そうして親と同じように外反母趾になってしまいます。実は外反母趾の最大の原因は遺伝だということが証明されているのです。

この外反母趾になりやすいグループに属する人は整体やテーピングによって一時的に外反母趾が改善したとしても、ふたたび元の状態に戻ることが多いのです。ですから外反母趾を改善するだけではだめで、改善された状態を維持する方法も知らなければなりません。そうでないと、施術に使ったお金が無駄になってしまうかもしれないのです。(メルマガ2017年10月18日号)

1.外反母趾矯正の効果を高めかつ再発を防ぐ秘策

外反母趾を完治させたのにもかかわらず、
数年後にふたたび外反母趾の痛みに襲われた某女性アナウンサー。
これは足の変形(捻じれやゆがみ)に対する処置を行っていなかったからです。

では足の変形の影響を防ぐにはどのようにしたらよいのでしょうか。
ひとつはテーピングが考えられます。
この変形の影響を防ぐテーピングが存在します。

ところがこの貼り方が簡単ではないのです。
https://www.youtube.com/watch?v=krux85tDBRM
しかも自分では貼れません。

仮に自分で貼ることのできるテーピングがあるとしても、
テーピングを一生貼り続けるのはとても無理なことです。

この足の変形は筋肉を鍛えても治らないので、対策は一生続くのです。
皆さんの顔が手術なしには変わらないのと同じです。

ではどうすればよいかというと、
この変形の影響が出ないように、足の捻じれやゆがみを補正する、
足底板(そくていばん)というものを作るのです。
https://www.youtube.com/watch?v=_AAs6isxpLY

これを良い構造の靴に入れておくと、
外反母趾になる方向には、足の骨が動かされにくくなります。

ただしこの足底板を作る際に、とても大事なことがあります。
これが分からないと、足に合わない足底板ができてしまう可能性があります。

2.体重をかけてはいけない!

足底板は足病学(そくびょうがく)の進んだ欧米では、日常的に作られています。
ただその作り方にはいくつかあります。

どのような作り方の足底板が最も効果があるかというと、
体重をかけない状態で作ったものです。

体重をかけない状態というのは
ベッドでうつ伏せになった状態か、仰向けになった状態です。
あるいは椅子に腰かけて、足を宙ぶらりんにした状態です。

うつ伏せになった状態での足底板の作成

うつ伏せになった状態での足底板の作成

 

椅子に座った状態での足底板の作成

椅子に座った状態での足底板の作成

立った状態や椅子に腰かけた状態で、
足をスポンジのようなもの(トリッシャムといいます)に押し付けて足型を取ると、
正確な足底板ができないことが多いのです。

トリッシャム

足底板を作るのにトリッシャムは使わない方がよい。

 

なぜならばカカト、親指の付け根、小指の付け根の3点は
「同一平面上」にはありますが、「同一平面上」にはないことが多いからです。

つまりこの3点を含む平面は、地面とは平行ではないことが多いのです。
にもかかわらず、スポンジのようなものに足を押しつけて足型を取ると、
同一水平面上にはないものを、無理やり同一水平面上に置くことになります。

すると足首にある距骨下関節(きょこつかかんせつ)が中間位からはずれます。
もし距骨下関節を無理やり中間位にした状態でスポンジ状のものに押し付けると
今度は足の骨格そのものが、本来のものとは違ったものになります。
このことは英語の論文に書かれています。

体重をかけずに足底板を作ることは、とても大切なことなのです。
https://www.youtube.com/watch?v=_AAs6isxpLY

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

治療家も真っ青!超短期間で痛みを1/10にする方法

この記事は 2で読めます。

足や膝や腰のトラブルに関しては

さまざまな施術方法が存在します。

 

しかし欧米で研究が進んでいる「足病学」の理論に基づいた施術方法は

まだ一般的には知られていません。

 

私たちの身体の構造は多くは遺伝によって

両親から引き継いでいます。

足の構造も両親のどちらかから引き継いでいるのです。

 

足に異常な構造があると、それは足の異常な動きを生みだし、

さらにスネ、膝、フトモモ、骨盤、背骨に異常な動きを発生します。

 

その異常な動きは

シンスプリント、変形性膝関節症、変形性股関節症、坐骨神経痛、

腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎すべり症、腰痛、

頸の痛み、猫背、ストレートネックなど

さまざまなトラブルを引き起こすのです。

 

これらの疾患から来た痛みを改善するのには

まずは足の異常な構造を足底板(そくていばん)によって補正し、

足の正しい動きを作ってやらなければなりません。

 

そして身体の動きを正常に近づけた上で、

痛みを出している部分(ほとんどは筋肉です)の施術を行います。

 

欧米では足底板はごく一般的に使用されていますが、

日本ではあまり一般には知られていません。

 

あなたも足病学に基づく施術を受け、

一日も早く、身体のトラブルを改善させてください。


一日も早く身体の痛みを解消したい方はこちらへ

コメントを残す

*

CAPTCHA