外反母趾の方が自宅で履くべき超便利なグッズをついに発見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事は 3で読めます。

外反母趾対策の中で、手術以外に最も効果のあるものは足底板(そくていばん)、つまり医療用の靴の中敷きです。ところがこのすばらしいグッズも日本の住宅事情では使いづらいものです。では家の中ではどのような対策を取ればよいのでしょうか。実は足底板に代わる特殊なものがアメリカの足病医によって開発されています。(メルマガ2017年11月4日号)


1.自宅の中でも対策はすべき

外反母趾に関する論文を見てみると、
年齢が上がるほど、外反母趾の人が増えて、
かつ程度がひどい人の割合が増加しています。

外反母趾を放置しておくと、だんだん悪化していく可能性が高いです。
つまり何らかの対策が必要になります。

欧米で研究されている「足病学そくびょうがく」では、
先天的な足の捻じれ・ゆがみから、
カカトが内側に倒れ過ぎることが、
外反母趾の原因であるとされています。

過回内

足の変形が過回内(オーバープロネーション)を起こす。(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p9)

カカトが内側に倒れ過ぎることを
過回内(オーバープロネーション)と言いますが、

これを抑制・防止するためには
構造的に優れた靴に、
機能的に優れた足底板そくていばん*を入れることが勧められています。

足底板の挿入

足底板をクツに装着する。

ですから自宅でもこれらを使えばよいのです。
実際に自宅の中でも靴と足底板を使っている方がいらっしゃいますが、

日本の住宅事情では家の中で靴を履くことは
多くの方が抵抗感を持ちます。

そこで登場するのが特殊な構造のサンダルです。

2.便利な特殊なサンダル

このサンダルはカカトの部分が少しくぼんでいて
カカトが安定する構造になっています。

特殊なサンダル

特殊なサンダル

また鼻緒が付いているため、
スリッパのようにひっかけて歩くことにはなりません。

夏は素足で履き、冬は5本指ソックスで履くのが良いです。
もちろん夏場はクーラーで足が冷えやすいという方は、
夏場でも5本指ソックスをお使いになればよいです。

足底板ほどではありませんが、
カカトが内側に倒れ過ぎるのを抑制してくれます。

サンダルのサイズは
男性用が25.5~30.5センチで、
女性用が23.5~26.0センチです。

米国製なので少しサイズが大きいですね。
別に男性が女性用を履いても大丈夫ですので、
男性で25.5センチ未満の方は女性用をお勧めしています。

女性で23.5センチ未満の方はどうすればいいのでしょうか。
残念ながらそれ未満のサイズのサンダルは現在のところありません。
しかし御心配は無用です。

まだ誰も紹介していない優れたグッズがあります。
次回はこれを紹介いたしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

治療家も真っ青!超短期間で痛みを1/10にする方法

この記事は 2で読めます。

足や膝や腰のトラブルに関しては

さまざまな施術方法が存在します。

 

しかし欧米で研究が進んでいる「足病学」の理論に基づいた施術方法は

まだ一般的には知られていません。

 

私たちの身体の構造は多くは遺伝によって

両親から引き継いでいます。

足の構造も両親のどちらかから引き継いでいるのです。

 

足に異常な構造があると、それは足の異常な動きを生みだし、

さらにスネ、膝、フトモモ、骨盤、背骨に異常な動きを発生します。

 

その異常な動きは

シンスプリント、変形性膝関節症、変形性股関節症、坐骨神経痛、

腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎すべり症、腰痛、

頸の痛み、猫背、ストレートネックなど

さまざまなトラブルを引き起こすのです。

 

これらの疾患から来た痛みを改善するのには

まずは足の異常な構造を足底板(そくていばん)によって補正し、

足の正しい動きを作ってやらなければなりません。

 

そして身体の動きを正常に近づけた上で、

痛みを出している部分(ほとんどは筋肉です)の施術を行います。

 

欧米では足底板はごく一般的に使用されていますが、

日本ではあまり一般には知られていません。

 

あなたも足病学に基づく施術を受け、

一日も早く、身体のトラブルを改善させてください。


一日も早く身体の痛みを解消したい方はこちらへ

コメントを残す

*

CAPTCHA