外反母趾を矯正しても元の悪い状態に戻ってしまうのはなぜか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事は 4で読めます。

20年間、外反母趾の施術に取り組むと色々なことが分かります。その中でももっとも皆様が関心あるであろうことは「外反母趾が手術せずに元の状態に戻るのか」ということでしょう。

それに対しては「戻ることもあります」というのが答えです。しかしこれはごく軽い外反母趾の場合で、ある程度以上に進行した外反母趾は正常な状態に戻すことが難しいのです。その理由を説明します。

1.外反母趾を矯正しても安心はできない

外反母趾の施術を初めてもう20年が経過します。
整体とテーピングとエクセサイズを組み合わせて、
たくさんの方に外反母趾の矯正施術を行いました。

外反母趾の痛みは比較的かんたんに取り除くことができますが、
足の親指が完全に元の正しい状態に戻るのは
そんなに頻繁にあることではありません。
むしろかなり稀であると言ってもいいと思います。

完全に元の状態に戻らなくても
ある程度は矯正されることはないことではありません。

しかし

いったんは改善していた親指が、
また元の悪い状態に戻ることがあることに気がつきました。
患者様からの報告が何件かあったからです。

どうして元の悪い状態に戻るのだろうか。
親指が元の悪い位置に戻ってしまったら、
患者様が施術費を払った意味がなくなるのではないか。

そんなときに欧米で研究が進んでいる「足病学」に触れました。
なるほど、矯正しても親指が元の状態に戻るのは
当然の理由があったんだということが分かりました。

2.矯正しても外反母趾は元に戻る

足病学を学ぶと
なぜ外反母趾になるのか、
そして
なぜ矯正しても元の悪い状態に戻るのかが分かります。

それは足に「捻じれ」や「ゆがみ」があるからです。
足に捻じれやゆがみがあるから、
外反母趾になってしまうのです。

足に捻じれやゆがみがあると
足の裏が地面に着くときに、
カカトが大きく内側に倒れてしまいます(この動きを過回内かかいないといいます)。
その結果、親指が「外反」するのです。

過回内

足の変形が過回内(オーバープロネーション)を起こす。(Pod Mech vol.2. 株式会社インパクトトレーディング, 2006, p9)

 

過回内と骨の異常な動き

過回内カカトが倒れるとその動きは足先の方に伝わる。

 

外反母趾発生時の骨の動き2

外反母趾の形成

ですから足の捻じれやゆがみをそのままにして、
一生懸命に外反母趾を矯正しても
なかなか矯正されないし、

たとえ親指が一時的に矯正されたとしても、
時間が経てば元の悪い状態に戻るのです。

では足の捻じれやゆがみを矯正すればいいのではないでしょうか。
それができれば問題は解決します。

しかし残念ながら、
これを矯正することはできません。

父母や祖父母から遺伝された足の捻じれやゆがみは
矯正することができないのです。

ということは外反母趾を改善するのには
手術を除いては何も手段がないのでしょうか。

じつはひとつだけ方法があるのです。
皆さんはまずはその方法を実践することです。

次回はその方法を説明します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

治療家も真っ青!超短期間で痛みを1/10にする方法

この記事は 2で読めます。

足や膝や腰のトラブルに関しては

さまざまな施術方法が存在します。

 

しかし欧米で研究が進んでいる「足病学」の理論に基づいた施術方法は

まだ一般的には知られていません。

 

私たちの身体の構造は多くは遺伝によって

両親から引き継いでいます。

足の構造も両親のどちらかから引き継いでいるのです。

 

足に異常な構造があると、それは足の異常な動きを生みだし、

さらにスネ、膝、フトモモ、骨盤、背骨に異常な動きを発生します。

 

その異常な動きは

シンスプリント、変形性膝関節症、変形性股関節症、坐骨神経痛、

腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎すべり症、腰痛、

頸の痛み、猫背、ストレートネックなど

さまざまなトラブルを引き起こすのです。

 

これらの疾患から来た痛みを改善するのには

まずは足の異常な構造を足底板(そくていばん)によって補正し、

足の正しい動きを作ってやらなければなりません。

 

そして身体の動きを正常に近づけた上で、

痛みを出している部分(ほとんどは筋肉です)の施術を行います。

 

欧米では足底板はごく一般的に使用されていますが、

日本ではあまり一般には知られていません。

 

あなたも足病学に基づく施術を受け、

一日も早く、身体のトラブルを改善させてください。


一日も早く身体の痛みを解消したい方はこちらへ

コメントを残す

*

CAPTCHA