腰椎分離症・すべり症の痛みを取り除く簡単な方法(前編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事は 5で読めます。

腰椎分離症や腰椎すべり症でつらい毎日を送っている人は多いです。
歩いているうちに腰部から殿部(おしり)に、さらには下肢に痛みや重だるさが出ます。しばらくしゃがんで休み、再び歩き始めるということを繰り返します。この痛みや重だるさは本当に腰椎すべり症から来ているのでしょうか。つまり腰椎が前にずれて脊柱管(せきちゅうかん)が狭くなり、神経が圧迫されて痛みや重だるさが出たのでしょうか。実は最近の研究ではそうではないという情報もあるのです。

1.腰椎分離症・すべり症とは

腰椎は前方の椎体ついたいと後方の椎弓ついきゅうで構成されています。
椎体は椎間板ついかんばんにつながっており、椎弓は椎間関節ついかんかんせつのある部分です。

椎体と椎弓は通常は椎弓根ついきゅうこんでつながっていますが、
この二つが分離した状態を腰椎分離症ようついぶんりしょうといいます。
腰椎分離症はレントゲン撮影で分かります。

さらに両者が分離しているだけではなくて、
椎体が前方にずれているものを腰椎分離すべり症ようついぶんりすべりしょうといいます。

腰椎は5個ありますが、腰椎分離症や腰椎分離すべり症を最も起こしやすいのは第5腰椎です。
原因は先天性のものと後天性のものがあり、

後天性のものは少年期にスポーツをやり過ぎて、疲労骨折を起こしたものと考えられますが、
本人の体質的な要因もあります。

一般人では20人にひとりぐらいの割合で腰椎分離症が見られますが、
スポーツ選手では一般人の6~8倍の割合で見られます。

また椎間板の老化によって不安定になり、
その結果、腰椎が前方にずれたものを腰椎変性すべり症ようついへんせいすべりしょうと言います。
腰椎変性すべり症は第4腰椎に多く見られます。

 

 

2.腰椎すべり症の症状

腰椎すべり症は腰痛を繰り返したり、あるいは慢性的に腰痛に悩まされることが多く、
さらに下肢にも痛みが出ることがあります。

歩いているうちに、腰部や殿部や大腿部に鈍い痛みやしびれ感が出て、
しゃがんで休むとそれらが軽くなるため再び歩くことができるようになります。
これを間欠性跛行かんけつせいはこうと言います。

排尿排便障害は高度なすべり症においてのみ見られます。

これらの症状は腰椎がずれることによって、
神経の通る脊柱管せきちゅうかんが狭くなり、
神経が圧迫されることが原因とされています。

 

3.腰椎すべり症が原因では痛みは出ない?

1)神経が圧迫されて痛みが出るのか

上で述べたように腰椎が前方にずれて神経が圧迫されて痛みが出たり、
排尿排便障害が起こったりするとされています。

このうち排尿排便障害が理解できます。
神経が圧迫されることによって神経内を伝わる電気信号が遮断されるので、
排尿排便反射が阻害されるのでしょう。

しかし痛みがなぜ起こるのでしょうか。

神経の末端には痛みを感じるセンサーがあり、
そのセンサーが発痛物質によって刺激され、
それが電気信号に変えられて脳に伝えられます。

ところが腰椎すべり症の場合は神経の末端ではなく、
神経の途中が圧迫されることによって痛みが出ることになります。

腰椎椎間板ヘルニアのところでも行ないましたが、
これを固定電話に例えてみましょう。

受話器に向かって話しかけると、
その声が電話機によって電気信号に変えられ、電話線を通じて伝わっていくことになります。

いくら電話線に話しかけても声は相手には伝わりません。
腰椎すべり症で痛みが出るというのは、
電話線に話しかけてその声が伝わっていくようなものなのです。

 

2)西洋医学の説明

神経の途中に圧迫の刺激を与えてそれが脳に伝わって痛みとして感じるというのは奇妙です。
このことに対して西洋医学では「異所性発火いしょせいはっか」という説を唱えています。

これは腰椎すべり症などで圧迫された神経の途中で痛みの電気信号が発生して脳に伝わり、
その電気信号が殿部や大腿部、下腿部、足部などから来たものと、脳が誤って認識するという説です。

するとひとつの疑問がわいてきます。
腰椎すべり症で下肢痛のある患者さんには下肢の筋肉に圧痛点がよく見られるのです。

この圧痛点が「異所性発火」では説明がつかないのです。
なぜ下肢の筋肉に圧痛点が生じるのでしょうか。

またもし腰痛や下肢痛が「異所性発火」が原因だとして、
ではなぜ絶えず衝撃がかかっているカカトの皮膚にある神経は痛みを出さないのか?
色々と疑問が湧いてきます。

じつは腰椎すべり症による痛みだと思われていたものは、
まったく別に原因があるという説があるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東大阪バランス研究所公式LINE@受付中

この記事は 1で読めます。

東大阪バランス研究所公式LINE@ではLINE@限定の
「外反母趾の改善に役立つ一分間情報 in YouTube」を
毎週配信させていただきます。

下記のアドレスをタップするかQRコードよりぜひご登録下さい。

https://line.me/R/ti/p/%40tpt3240j

東大阪バランス研究所公式LINE@配信のお知らせ

 

下記のアドレスをタップするかQRコードよりぜひご登録下さい。

https://line.me/R/ti/p/%40tpt3240j

コメントを残す

*

CAPTCHA